都道府県

青森からのテープ起こし依頼-3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国からテープ起こし受付中

本州の最北端にある青森県。もちろん、東北地方・青森県からも、講演や対談などの録音音声をテキスト化するテープ起こしの依頼を希望される方は多数いらっしゃいます。

そこで、青森県からテープ起こしを依頼する際、どのようなポイントがあるか3つにまとめてみました。

青森県・テープ起こし

ポイント1 青森にテープ起こし業者が見つからないときは

青森県の方がテープ起こしを依頼される場合、地元の業者を探される方が少なくありません。

じつは、現在のテープ起こし業務というのは、お客様がご依頼する段階から、業者の納品が完了するまで、すべてがインターネットを利用して行うことができます。

そのため、依頼者と業者の物理的な距離というのは、インターネットさえつながる環境であれば、まったく関係がないのです。

そうは言っても、やっぱり地元の業者のほうがなんとなく安心、といった心理も理解できます。そのような方はお近くのテープ起こし業者をお探しください。

ただ、現状では、青森県にテープ起こしの業者はまだまだ少ないです。もし、適当な業者が見つからないときは、他地域の業者にご依頼されることをお勧めします。

ちなみに、このサイトを運営している佐藤編集事務所は、千葉県で開業しているテープ起こし業者になります。

ポイント2 どんな団体や企業がテープ起こしを頼んでいるのか

テープ起こしを外注したいが、いったいどんな人たちが利用をしているのか。

特に、初めてテープ起こしを依頼される方には、気になる事柄のようです。実際、こうしたご質問は、私どもにもよく寄せられます。

さて、青森県からのご依頼は、県庁所在地の青森市をはじめ、八戸市、弘前市などからご利用が多いです。

青森にある大学をはじめとする学校関係、地方自治体、公的な団体、一般企業などからご依頼があります。音声の内容としては、講演、会議、 インタビュー、対談などがあり様々です。

ちなみに、私ども佐藤編集事務所は以前から東北地方とご縁があり、青森県含め東北各県から多数のご依頼をいただいております。

ポイント3 方言への対応を確認する

津軽弁や南部弁など青森県には独特の方言があります。

青森県からテープ起こしをご依頼される際、話者の方言について聞き取りできるか心配される方がいらっしゃいます。

会議や講演など、公的な場で話されている内容であれば、訛りがあっても聞き取れないことは少ないです。テープ起こしに出される音声は、大抵はこのレベルの訛りなので、方言が問題になることはあまりありません。

難しいのは、ご高齢者同士がプライベートな感覚で話されているような場合です。地元の若い方が聞いてもよくわからないくらいのレベルになると、テープ起こしするのはちょっと難しくなります。

テープ起こしのご依頼方法

青森県からテープ起こしをご依頼する方法についてご説明します。

この記事を読まれている方はインターネットのご利用が問題ないと思いますので、そのような場合はネット検索を利用してテープ起こし業者を探すのが早くて簡単です。

あるいは、私ども佐藤編集事務所でも、青森県からテープ起こしのご依頼をお受けしております。本ページ右側に、佐藤編集事務所のテープ起こしサービスに関する項目が並んでいますので、そちらからご覧ください。

また、本ページ下から簡易版の見積りをお申し込みいただけますので、よろしければご利用ください。青森の皆様からのご利用をお待ちしております。

■関連記事-北海道・東北地方

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

佐藤編集事務所は、日本国内すべての都道府県からテープ起こしをお引き受けしている専門業者です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り