録音音声について

テープ起こし可能な音声ファイル形式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テープ起こしに出す録音音声のファイル形式(ファイルフォーマット)について、お客様からのご質問にお答えします。対応可能な音声ファイル形式は何か、具体的にお示しいたします。

音声ファイル形式について

Q.テープ起こし可能な音声ファイル形式を教えてほしい。

A.ご質問への回答

対応している音声ファイル形式は、MP3、WMA、Wave、Ogg Vorbisなどです。この他の音声でもファイル変換して対応可能な場合が多いです。

音声ファイル形式について、くわしくは下記のページをご覧ください。

テープ起こし可能な音声ファイル形式は

現状では、お客様から当事務所に送られてきた録音音声で、ファイル形式が原因で再生できない(文字に起こせない)というケースは非常に少ないです。特に、市販の一般的なICレコーダー(ボイスレコーダー)で録音した音声でしたら、まず問題はございません。

参考までに、以下に代表的な3つの音声ファイル形式(ファイルフォーマット)について、簡単にご説明しますので、テープ起こしのご依頼や録音の際に、ご参考になさってください。

MP3 (エムピースリー)

MP3は古くからあるフォーマット(形式)で、対応機器も多いです。音楽ダウンロードで最も一般的といえるフォーマットになります。

MP3 は音楽に適していて、話し声には適していないといわれることもありますが、実際にテープ起こしをしていてMP3の音声だから聞き取りづらいと感じたことはないです。

ですから、MP3の音声をテープ起こしに出してもまったく問題ありません。ファイルの拡張子は「.mp3」です。

WAVE(ウェーブ、ウェブ、ワブ)

WAVまたはWAVE(ウェーブ、ウェブ)は、マイクロソフトとIBMにより開発されたフォーマットで、主としてWindowsで使われるファイル形式です。

ファイルの拡張子が「.wav」のため、WAVフォーマットという呼び名が一般化しました。読み方は「ウェブ」でもいいですが、web(ウェブ)と区別するために「ワブ」とも呼ばれることが多いです。

WAVEは音質が良いのが特徴ですが、データ量は大きくなります。

WMA(ダブリューエムエー )

WMAは「Windows Media Audio」の略で、その名からもわかるとおりマイクロソフトが 開発した音声圧縮符号化方式(コーデック)の一つです。

対応機器は少ないといえます。拡張子は 「.wma」です 。

 

テープ起こしFAQ一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り

コメント

コメントを残す

*