サービス内容

テープ起こしの発注から納品まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テープ起こしの発注から納品・支払までの流れ

テープ起こし(文字起こし)を頼みたいけれど、どのような流れで業務が進むのかよくわからない、という方もおられるでしょう。そこで、安心してテープ起こしサービスを利用できるよう、発注してから納品・支払までの流れについて、各ステップを順番にご説明します。さらに、各ステップの内容を深掘りした補足説明もありますので、あわせてご参考になさってください。

テープ起こしの流れ

発注から納品・支払までのフロー図

テープ起こしがひと目でわかる

テープ起こしの流れについて、全体像を把握しやすいように、上掲のとおり図にしてみました。まずは、こちらをご参照ください。テープ起こしを直感的にイメージできると思います。

上掲の図は、私ども佐藤編集事務所のテープ起こしサービスについての流れになります。

業者によって流れや使っている表現は若干異なりますが、「発注→音声送付→テープ起こし作業→納品」の大きな流れは、多くの業者に共通しています。

発注から納品・支払まで各ステップの説明

テープ起こし発注から納品、支払までの各ステップについて順番にご説明します。

ステップ① テープ起こしを発注

当ホームページに設置のご依頼フォームから、テープ起こしをご発注ください。サイトからのWEB発注ですから、24時間いつでもお申込みいただけます。

なお、お見積りをご希望の場合は、フォームにその旨を記していただけましたら、見積り金額をご提示します。※下記の「補足説明-お見積りについて」を参照

ステップ② 担当者から返信

ご依頼フォームよりお客様からお送りいただいた内容を拝見し、当事務所の担当者が料金、音声送付などの詳細についてご返信します。お見積り希望のお客様には、ご返信時にお見積金額もご提示します。

なお、お客様にご返信した担当者は途中で替わることなく、納品まで一貫してサポートさせていただきます。※下記の「補足説明-専任担当制について」を参照

ステップ③ 当事務所へ録音音声を送付

発注案件の録音音声データを、当事務所宛に送付ください。

送付方法は、インターネット経由か、USBメモリ等に音声データを入れて郵送で送っていただくか、いずれかの方法になります。※下記の「補足説明-音声送付について」を参照

ステップ④ テープ起こし作業

録音音声データがお客様から届きましたら、録音状態等を確認したうえで、受け取りのご連絡を差し上げます。

その後、速やかにテープ起こしの作業に取り掛かります。

お客様よりご指定のコース(起こし方)にて、テープ起こし作業を専門ライターが責任もって行います。※下記の「補足説明-コース(起こし方)について」を参照

なお、テープ起こしにより文字化する際は、通常はWordにて文書作成いたします。ただし、お客様からご希望がありましたら、Excelでの文書作成も承ります。

ステップ⑤ 作業完了した原稿を納品

テープ起こし作業が完了しましたら、Word文書を納品いたします。

納品方法は、特にご指定がなければメール添付にてお納めします。ご希望がありましたら、CDに文書を入れて郵送での納品も承ります。

ステップ⑥ お支払い

納品が完了しましたら、テープ起こし料金のご請求書・納品書を郵送いたします。お支払いは銀行振込でお願いします。

また、科研費をご利用の場合など、見積書も必要でしたら対応いたします。

補足説明

お見積りについて

上記のステップ1でご案内のとおり、テープ起こしのお見積りは、当ホームページのご依頼フォームからお申込みいただけます。

しかし、ご依頼フォームは記入項目が多いので、見積り金額を取り急ぎ知りたいという方は、本ページの下に掲載の見積り案内をご覧ください。

録音時間、お名前、メールアドレスのみのご記入で、お見積りを依頼できます。

専任担当制について

当事務所では、テープ起こしを申し込まれたお客様について、発注から支払まで同じ担当者が一貫してサポートいたします。

インターネット(メール)でのお取引は、お互い顔が見えないこともあり、コミュニケーションのズレが生じやすいといわれています。

「以前、〇〇さんに言ったはずだけど、あなたは聞いてないの?」「また最初から説明するの?」、このようなことを防止するために、当事務所では専任担当制をとっています。

音声送付について

【デジタル音声】

ICレコーダー等で録音したデジタル音声をインターネット上から送るには、大容量のデータも送れるファイル転送サービスを利用すると便利です。

ファイル転送サービスには、「データ便」「宅ふぁいる便」など多数のサービスがあり、無料で利用することも可能です。

郵送をご希望の場合は、録音したデジタル音声をUSBメモリやDVDに入れて、当事務所宛に郵便か宅配便でお送りください。

【アナログ音声】

カセットテープやMDに録音した音声は、そのままテープ等を当事務所宛に郵便か宅配便でお送りください。

コース(起こし方)について

当事務所がご提供しているテープ起こしサービスには、起こし方によって「標準コース」と「リライトコース」の2コースがあります。

「標準コース」は、録音音声を文字化しケバ取りまでを行う一般的なテープ起こしです。

「リライトコース」は、標準コースで起こした文章をさらに読みやすく整文まで行います。

コース選択の判断がつかないときは「標準コース」をお選びください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り

コメントを残す

*