都道府県

福井からテープ起こし発注 | 3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国からテープ起こし受付中

北陸地方の福井県からテープ起こしを専門会社に発注したいとき、どのような点に気を付けて頼めばいいでしょうか。

この記事では、初めてテープ起こしを依頼する方にもわかりやすく、ポイントをご説明します。

福井県・テープ起こし

ポイント1-文字の起こし方を選ぶ

録音音声を文字に変換して文書にまとめるテープ起こし。ひと口にテープ起こしと言っても、文字への起こし方にはいくつか種類があります。

聞こえた通り正確に文字化する逐語起こし

テープ起こしを初めて依頼される方ですと、録音音声の話は一字一句聞こえたまま文字に置き換えられると思われるかもしれません。

この起こし方は「逐語起こし」と言います。じつは、テープ起こしにおいて逐語起こしは、一般的な起こし方とは言えません。

逐語起こしが必要とされるのは、裁判提出用であるとか、会話分析など研究用であるとか、正確さが最優先されるテープ起こしとして利用する場合が多いです。

ケバ取りしながら起こすのが一般的なテープ起こし

逐語起こしは音声を忠実に文字化するわけですが、デメリットとしては文章として無駄な部分も多く含まれてしまい、読みにくい点です。

例えば、話し始めるときに「えーと」と思わず発したり、言葉を言い間違えたり、噛んだり、「うん、うん」「はい、はい」など会話中に過剰に相槌を打ったりします。個人差はあるものの、人の話というのは結構、こうした無駄な部分が多いものです。

これをテープ起こしするときにすべて文字化してしまうと、文章としてはどうしても読みにくくなってしまいます。

そこで、話の内容とは関係のない無駄な箇所を取り除くことを「ケバ取り」と言います。通常、テープ起こしではこのケバ取りまで行うのが、一般的な起こし方です。

さらに読みやすく文章を整文(リライト)する起こし方

話し言葉を文字化・文章化するテープ起こしにおいては、前述したケバ取りを行っても、まだ読みづらいことも少なくありません。

そこで、テープ起こしした文書をより一層読みやすくするために、整文(リライト)まで行うテープ起こし業者もあります。

テープ起こしを行う目的や予算に応じて、必要であれば整文(リライト)まで依頼することも検討しましょう。

ポイント2-料金の見積りを頼む

テープ起こしの料金相場はいくら位か

「テープ起こしの料金っていくら位かかるの?」と、テープ起こしの発注を検討されている方から尋ねられることがよくあります。

一般的な料金相場ですと、録音時間60分の音声を業者に依頼すると、1万円~1万5000円くらいです。ネット検索してテープ起こし業者を探すと、安い料金のほうがどうしても目に入りやすいので、もう少し安い印象を受けるかもしれません。

ただ、業界の料金相場よりあまりにも安い金額を提示していたら、絶対にダメとは言いませんが、品質やサービス内容などが劣る可能性もあるので、慎重に発注したほうがよいでしょう。

なお、私ども佐藤編集事務所でもテープ起こしのお見積りを受け付けております。本ページの記事下方に案内がありますので、よろしければご利用ください。

正式依頼前に見積りを頼もう

テープ起こし料金については、業者のサイト等で案内があると思います。それで納得できればそのまま依頼してもいいですが、念のために見積りを頼んでおいたほうがよいでしょう。

大抵のテープ起こし業者は、録音時間はもちろん、起こし方や納期などによっても料金が変わってきます。なかには、複雑な料金体系の業者もありますから、見積りを提示してもらったほうが安心です。

テープ起こしの見積りを依頼する前には、正確な録音時間を調べておきます。録音開始から終了まで文字に起こす場合は、録音時間はレコーダー等に表示される時間をそのまま知らせればOKです。

しかし、文字に起こす箇所の時間帯を指定する場合は、その部分の録音時間に対して見積りを頼みます。

なお、私の知る限り、テープ起こしの見積りはどこの業者に頼んでも無料です。

ポイント3-テープ起こしの業者を探す

インターネットで業者を検索する

テープ起こしの専門業者を探す方法として、現在もっともポピュラーな方法はインターネット検索です。

じつは、福井県内で開業しているテープ起こし業者はそんなにありません。ネット検索でしたら全国の業者がヒットしますので、選択肢が一気に広がるという意味でも、この探し方がお勧めです。

紹介、口コミで探す

ネット検索以外で探すとしたら、紹介や口コミもいいでしょう。勤務先で、印刷会社や広告会社、あるいは印刷物の編集・制作会社と取り引きがあるようでしたら、テープ起こし業者を知らないか尋ねてみてください。

これらの会社はテープ起こしを利用することもありますし、直接は取り引きがなくても知っているテープ起こし業者があったりします。

インターネットが普及する前は、大体こんな感じでツテをたどってテープ起こし業者を探したものですけどね。いつの間にか、時代は変わってしまいました。

■関連記事

本記事と関連する北陸各県の記事を、下記のとおりご案内いたします。

新潟から3分で依頼できる-テープ起こしWEB発注
富山からテープ起こしをネット経由で簡単発注
テープ起こしを石川県から依頼するコツ
福井からテープ起こし発注 | 3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り