業者

失敗しないテープ起こし業者の探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テープ起こし業者探し

あなたは今、テープ起こし業者をお探しでしょうか。

しかし、現在の職場やお仕事によっては、テープ起こしの業者とは馴染みがないかもしれません。

そこで、どうやって信頼できるテープ起こしの専門業者を見つけることができるか、そのポイントをご紹介します。

紹介でテープ起こし業者を探す

取引先の広告会社や印刷会社などに尋ねる

テープ起こし(文字起こし)を専門業者に依頼したいと思ったとき、日頃から発注していないと、どこに業者がいて、どの業者を選べばよいかわかりづらいものです。

それでも、出版、編集、広告、あるいは印刷関係などの業界にお勤めやお仕事をされている方ですと、業務上、テープ起こし業者とどこかで接点があったりします。

あるいは、普段の業務では接点がなくても、どうやってテープ起こし業者を探せばよいか、だいたいの目星はつくかもしれません。

ですから、お勤め先や所属団体でテープ起こし業者に発注したことがない場合は、懇意にされている出入りの広告会社や印刷会社などがありましたら、まずはご相談されてみるとよいでしょう。アナログ的な方法ですけれど、意外と失敗の少ない業者選びと言えます。

昔はだいたい、上述のような紹介や口コミにより、テープ起こしの仕事というのはわれわれ業者のもとに依頼や問い合わせがきたものです。

業者探しもデジタル時代に

「昔は」と書いたのは、この頃は別の依頼ルートが急速に伸びてきたからです。と言っても、もうひと昔ぐらい前からですから、けっして新しい動きではありませんけれど。

恐らくもうお気づきと思いますが、別の依頼ルートというのはインターネットです。

紹介、口コミに対して、こちらの業者探しはデジタル派ですね。インターネット検索でのテープ起こし業者の探し方については、次項目でくわしく述べます。

インターネット検索でテープ起こし業者を探す

今もネット検索で根強いキーワード「テープ起こし」

パソコンやスマートフォンで「テープ起こし」や「文字起こし」で検索すると、多数の専門業者のサイトがヒットします。

それらのサイトをいくつかご覧いただき、サービス内容等を比較して、気に入ったテープ起こし業者を選ばれればよいと思います。

「テープ起こし」という名称はデジタル時代の今となっては古い呼び名ですが、実際にネット検索する際はまだまだ「テープ起こし」というキーワードは検索数も多いです。

インターネット上の業者は玉石混淆

インターネット上での集客に力を入れているテープ起こし業者の中には、極端に料金を安めに設定していることもあります。これは、サイトを比較されたときに、競合他社に負けないようにするという事情もあるためです。

一概には言えませんが、こうした業者の中にはリアル社会での実績が少ない、つまりテープ起こし業務の経験が乏しいところもあるようです。

これはテープ起こしに限らず一般的に言えることですが、インターネット上でビジネスを行う業者は玉石混淆と言えます。

したがって、ネット検索で業者を探すときは、料金にばかり目を奪われすぎずに、テープ起こしの実績、納期、文字化した原稿のクオリティ、顧客サービス等の内容を、バランスよく見て検討されたほうがよいでしょう。

起こした原稿のクオリティを知る方法

テープ起こし実績を調べる

文字に起こした原稿のクオリティは業者のサイトを見た段階ではわからないですが、あまりハズレがない探し方もあります。それは、実績を調べることです。

長年、この業界で他業者と競いながらテープ起こしの仕事をしていて、受注件数の多い業者であれば、クオリティは平均以上だと思ってよいでしょう。

テープ起こしのビジネスというのは、リピーターが増えないと長期間続けるのは難しいものです。つまり、繰り返し何度も発注してくれるお客さんが大勢いるということは、それなりのクオリティを長いあいだ維持している証拠と言えます。

参考までに、私ども佐藤編集事務所の実績は、こちらのページでご覧いただけます。

テープ起こし受注実績

以上、紹介とネット検索によるテープ起こし業者の探し方についてご説明いたしました。

■関連記事

この記事を読まれた方は、下記の記事も読まれています。

満足度100%のテープ起こし業者に出会うには

テープ起こし業者(会社)-プロが選んだベスト3

テープ起こし業者への依頼はHPのフォーム利用が便利

テープ起こし業者を選ぶ3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加