起こし方のコツ

これだけは知っておきたい3つの「起こし方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
音声から文字への起こし方

録音音声を文字化するときの「起こし方」についてご説明します。

ここでご紹介する3つの起こし方を知っていれば、テープ起こしを依頼する際はもちろん、ご自身でテープ起こしするときにも役立ちます。

「起こし方」なんてあるの?

テープ起こしには「起こし方」が数種類ある

テープ起こしを業者に頼むと、録音した音声はどんなふうに文字化されるのか疑問に思ったことはありませんか

あるいは、ご自身でテープ起こしをされたことのある方は、「起こし方ってあるのかな?」と思われたことがあるかもしれません。

テープ起こしにあまり馴染みのない方は、音声を文字に変換するだけなんだから、起こし方なんてあるのだろうかと思われる方もおられるでしょう。

じつは、テープ起こしの作業をするのにあたり、音声を文字化する際の起こし方や文書処理の仕方には、以下のような種類があります。

  • ケバ取り
  • 逐語起こし(素起こし)
  • 整文

そこで、テープ起こしにおける、これらの起こし方や文書処理について、一つひとつくわしくご説明します。ここに書かれていることをざっと理解しておけば、テープ起こしの発注やご自身で作業する際にも役に立ちます。

不要な言葉や音声を取り除く「ケバ取り」

話し言葉には不要箇所が多い

音声を文字化しようとテープ起こし作業を始めてみると、必ずと言っていいほど問題になることがあります。それは、人が話した言葉や内容には無駄な部分が多いということです。

たとえば、話し始めや言葉が出てこないときに、「あー」「えーと」と言ったりしますね。

他にも、緊張して言葉を噛んだり、どもったり、気まずいときに言い淀んだり、慌てて言い間違えたり、会話中に「うん、うん」「はい、はい」など頻繁に相槌を打つたり、助詞の使い方を間違えたり、個人差はあれ人の話である音声言語には無駄や間違いが多いものです。

こうした話の内容と無関係で、あまり意味のない言葉や音声を「ケバ」と呼ばれます。あるいは、あまり使われませんが「フィラー」と呼ばれることもあります。そして、このケバを取り除き起こした文章をきれいにする作業を、「ケバ」を「取る」ことから「ケバ取り」と言います

アナウンサーのような無駄のない話ができる人は、非常に少ないのが現実です。一般の人が普通に会話したり講演したりした話には、多かれ少なかれケバが生じます。

テープ起こし業者もケバ取りするのが当たり前

このケバを忠実に文字に起こしてしまうと、話者の話し方など録音音声の内容によりますが、文章としてはどうしても読みづらいものになってしまいます。

そこで、テープ起こしするときには、ケバ取りをしながら文字化するのが、私たちプロの業者が起こす場合においても一般的です。

テープ起こし業者の中には、このケバ取りをしていることを言っているところと、特に言わずともケバ取りしているところもあります。業者に依頼される際に心配なときは、「ケバ取りしてください」と言っておくとよいでしょう

ケバ取りは作業の効率アップにもつながる

ご自身でテープ起こしされる方も、起こした文章を読みやすくするためにケバ取りするとよいですが、もう一つケバ取りの効果があります。

それは作業の効率アップです。音声にもよりますけれど、一字一句正確に起こしていると、非常に時間が掛かることがあります。ケバ取りして不要な箇所を起こさないことで、作業時間の短縮になる場合もあります

なお、ケバ取りをどこまで行うかは、業者や作業者によって、あるいは音声内容によって判断基準が変わってくることがあります。

例えば、軽いテーマを楽しく語っているようなときは、あまり厳格にケバ取りしてしまうと、話者の感情や言葉のニュアンスが伝わりにくくなったりするものです。このようにケースバイケースでケバ取りの強弱を調整するのも、テープ起こしのコツと言えます。

音声を忠実に文字化する「逐語起こし」

研究調査や裁判証拠では逐語起こしが多い

テープ起こしにおけるスタンダードな起こし方として、「ケバ取り」について前項では説明しました。

しかし、テープ起こしにおいてはあえてケバ取りせずに、音声を聞こえた通り忠実に文字化する起こし方もあります。それは、「逐語起こし」あるいは「素起こし」と呼ばれます。

ケバ取りしないため、起こした文章としては読みづらくなる傾向があります。しかし、何を語ったのか正確にわかりますし、録音場面の雰囲気が伝わりやすいメリットもあります。

研究調査、会話分析、裁判証拠などでテープ起こしが必要となる場合には、「逐語起こし」が用いられることがよくあります。

テープ起こし業者の中には、「逐語起こし」で受けるときは通常のテープ起こしコースより料金を高めに設定していることもあります。ご依頼時には必ず確認されておいたほうがよいでしょう。

逐語起こしでいいか、よく検討してから発注を

ときどき、特に必要性がないのに、とにかく正確に起こしてもらったほうがいいだろうと考え、逐語起こしを頼まれる方がいらっしゃいます。起こし方に対して特に希望がない場合は、そう考えるのもわからないわけではないです。

しかし、くだけた内容の対談や、議論が沸騰し出席者たちが興奮気味に語っている会議など、ケバが非常に多い音声もときどきあります。

このような場合は、逐語起こしで文字化するとケバの箇所が煩わしくて、とても読みづらい文章なってしまいがちです。

ご自身で起こすときは途中で気づいて調整できますが、業者に頼むときはこの点にご注意されたほうがよいです。納品後に直すのは結構手間がかかります。

より読みやすい文章にする「整文」

正確さよりも読みやすさを重視した起こし方

テープ起こしは、話し言葉(音声言語)を書き言葉(文字言語)へと変換するという特徴があります。そのため、話し言葉にありがちな不要な言葉や音声を取り除く「ケバ取り」を行うのが、一般的なテープ起こしであると述べてきました。

しかし、録音内容や話者によっては、ケバ取りしてもまだ読みにくい文章もあります。あるいは、起こした文章の使い方によっては、より整った文章に仕上げる必要が生じることもあります。

そこで、ケバの削除・修正だけでなく、明らかに使い方を誤っている助詞を直したり、倒置を直したり、語尾を統一したり、乱れた文脈を直したり、より読みやすく起こした文章にすることもあります

この作業を「整文(せいぶん)」と言います。「整文」のほか、「リライト」「修文」と呼ぶこともあります。

業者に依頼すると、これらの整文作業はある程度、ケバ取りの延長で行ってくれることもありますが、「テープ起こし」+「整文」は別コースにして料金設定している業者も少なくありません。どれくらい整文してくれるのか、料金はどうなるのか、ご依頼時に確認するようにしましょう。

印刷物の原稿は、整文した文章のさらなるブラッシュアップが必要

また、雑誌記事など印刷物に載せる原稿にする場合は、テープ起こしして整文した文章を、さらに編集したり文字数を調整したりする必要があります。

しかし、テープ起こし業者でそこまで行うところは少ないです。これは手間や料金の問題というより、そこまでのクオリティで記事や原稿を仕上げるノウハウを持っていないこともあるためです。

テープ起こしにおける整文は、あくまで起こした文章を読みやすくするものだと認識したほうがよいでしょう。

小さな会社の社内報やレポートぐらいでしたら、テープ起こし業者の整文のままでも問題ないかもしれません。しかし、多くの人の目にふれる印刷物に掲載される記事や文章でしたら、専門のライターや会社に最初から任せたり、仕上げてもらうほうが賢明です。

以上が、テープ起こしにおける「起こし方」の説明になります。

人が語った様々な話を起こして文章にするという性質上、「逐語起こし」や「ケバ取り」や「整文」は業者がどこまでやってくれて、仕上がりがどうなるのかが、頼み慣れていないとイメージしづらい面もあります。どうしても心配でしたら、実績のあるテープ起こし業者に頼むというのも一つの方法です。

なお、私ども佐藤編集事務所の「文字の起こし方・コース」についても、よろしければ合わせてご参照ください。

■関連記事

この記事を読まれた方は、下記の記事も読まれています。ご参考になさってください。

起こした文章を読みやすくする「ケバ取り」作業

初心者は細部にこだわりすぎないのがコツ

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り