録音音声について

録音音声の送り方を教えてほしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テープ起こし(文字起こし)を専門業者に頼むことが決まったら、録音した音声を業者へと引き渡しする必要があります。ひと口に録音音声といっても、ICレコーダーで録ったデジタル音声もあれば、カセットテープのようなアナログ音声もあります。実際、テープ起こしご依頼者からも、音声送付の方法についてのお問い合せをときどき受けますので、わかりやすくお答えいたします。

音声送付方法について

Q.録音した音声の送り方を教えてほしい。

A.ご質問への回答

録音した音声データを当事務所へ送付するには、大容量ファイル転送サービスを利用するか、郵送・宅配便でお送りください。

ファイル転送サービスはインターネット上から利用できます。郵送・宅配便は記録メディアに音声データを入れて送っていただきます。

それぞれの具体的な音声送付方法については、下記のページにてくわしく説明しておりますのでご参照ください。

テープ起こしの録音音声データ送付方法について

ファイル転送サービスで送るメリット

現在、録音が済んだ音声は、インターネット上のファイル転送サービスを利用されるお客様が大半です。

メリットは、パソコンから送れるので郵送(宅配便)より速いですし、梱包・宛名書きもありませんし、郵便局やお店などに荷物を持っていく手間もいりません。ファイル転送サービスの多くは無料で利用することができます。

また、ご勤務先などでデータの受け渡し用に使用できるサーバーがある場合は、そちらをご利用いただいても、もちろん結構です。

郵送・宅配便での送付が適している方

以下に該当するお客様は、郵送や宅配便で音声を入れた記録メディアを当事務所お送りください。

  • カセットテープ、MDに録音した音声を送付される方
  • パソコンが苦手でファイル転送サービスがよくわからない方
  • 職場の規定でネット上のサービスを利用できない方
  • 動画などデータの容量が大きくてファイル転送サービスでは送れない方
  • 紙の書類などインターネットでは送れない資料がある方 など

録音音声の送付先である佐藤編集事務所は、こちらになります。記事ページの真ん中あたりにある「郵送・宅配便による音声送付方法」項目に記載しております。

 

動画の送付について

動画はパソコンで再生ができれば文字に起こすことが可能です。

上記にご案内のファイル転送サービスで送れない場合は、DVDなどに動画ファイルを入れて郵送・宅配便でお送りください。

YouTubeなどインターネット上にアップした動画からも文字に起こせますが、作業に著しく手間がかかる場合などお受けできないこともあります。

ICレコーダー本体の送付について

近年販売のICレコーダー(ボイスレコーダー)の多くはUSB端子が付いているので、パソコンへの接続が簡単にできます。

しかし、古い機種ですと、ICレコーダーで録音した音声ファイルを、レコーダー内からパソコン等に移動できない(わかりづらい)場合もあります。

当事務所では、ICレコーダー本体の郵送は、故障や事故の原因になることもありますので、原則としてはお受けしておりません。どうしてもという場合はお受けしますが、故障・事故等の責任は負いかねますのでご了承ください。

ご不明な点はお問い合せください

録音音声の送付は、テープ起こしをご依頼されるお客様のやりやすい方法を選んでいただければ結構です。

そうは言っても、ふだん録音音声をやり取りすることはあまりないと思います。もし、音声送付にあたってご不明な点やご相談がありましたら、いつでも当事務所までお問い合せください。

テープ起こしFAQ一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り

コメント

コメントを残す

*