テープ起こしFAQ

テープ起こし可能な音声ファイル形式

テープ起こしに出す録音音声のファイル形式(ファイルフォーマット)について、お客様からのご質問にお答えします。対応可能な音声ファイル形式は何か、具体的にお示しいたします。

当事務所で対応可能な音声ファイル形式について

Q.テープ起こし可能な音声ファイル形式を教えてほしい。

A.ご質問への回答

対応している音声ファイル形式は、MP3、WMA、Wave、Ogg Vorbisなどです。この他の音声でもファイル変換して対応可能な場合が多いです。

佐藤編集事務所のテープ起こしにおいてサポートしている音声ファイル形式について、くわしくは下記のページをご覧ください。

テープ起こし可能な音声ファイル形式は

代表的な音声ファイル形式について

現状では、お客様から私ども佐藤編集事務所に送られてきた録音音声で、ファイル形式が原因で再生できない(文字に起こせない)というケースは非常に少ないです。特に、市販の一般的なICレコーダー(ボイスレコーダー)で録音した音声でしたら、まず問題はございません。

参考までに、以下に代表的な3つの音声ファイル形式(ファイルフォーマット)について、簡単にご説明しますので、テープ起こしのご依頼や録音の際に、ご参考になさってください。

MP3 (エムピースリー)-テープ起こし可能

MP3は古くからあるフォーマット(形式)で、対応機器も多いです。音楽ダウンロードで最も一般的といえるフォーマットになります。佐藤編集事務所でテープ起こし可能です。

MP3 は音楽に適していて、話し声には適していないといわれることもありますが、実際にテープ起こしをしていてMP3の音声だから聞き取りづらいと感じたことはないです。

ですから、MP3の音声をテープ起こしに出してもまったく問題ありません。ファイルの拡張子は「.mp3」です。

WAVE(ウェーブ、ウェブ、ワブ)-テープ起こし可能

WAVまたはWAVE(ウェーブ、ウェブ)は、マイクロソフトとIBMにより開発されたフォーマットで、主としてWindowsで使われるファイル形式です。佐藤編集事務所でテープ起こし可能です。

ファイルの拡張子が「.wav」のため、WAVフォーマットという呼び名が一般化しました。読み方は「ウェブ」でもいいですが、web(ウェブ)と区別するために「ワブ」とも呼ばれることが多いです。

WAVEは音質が良いのが特徴ですが、データ量は大きくなります。

WMA(ダブリューエムエー )-テープ起こし可能

WMAは「Windows Media Audio」の略で、その名からもわかるとおりマイクロソフトが 開発した音声圧縮符号化方式(コーデック)の一つです。

対応機器は少ないといえます。拡張子は 「.wma」です 。こちらも、佐藤編集事務所でテープ起こし可能です。

テープ起こし音声に関するFAQ

テープ起こし(文字起こし)の音声や録音に関するFAQの一覧です。本記事を読まれた方は、こちらの記事もよくご覧いただいております。

テープ起こしFAQ一覧

なお、テープ起こしに関する主要な情報は、サイトのHOME「テープ起こし・文字起こし専門の佐藤編集事務所」からご覧いただけます。本記事とあわせてご参照ください。

▼佐藤編集事務所へのテープ起こし依頼をお急ぎの方は、本ページ下にも発注と無料見積のご案内を掲載しておりますので、そちらからお申込みいただけますので、ぜひご利用いただけますようご案内いたします。

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


テープ起こしの発注および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームからお願いいたします。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください