録音対象場面

インタビューの録音 | テープ起こしの録音場面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インタビューの録音

テープ起こしの録音対象場面としては、会議や講演と並んで多いのがインタビューです。

ここでは、ジャーナリストなどプロの取材者ではなく、おもに一般の方がインタビューを録音するときのポイントについてまとめてみました。

そもそもインタビューとは

インタビュー目的は情報収集と評価

インタビューというと、雑誌や新聞などの記者が行っている取材場面を思い浮かべる方が、多いのではないでしょうか。

確かにそれも代表的なインタビュー場面と言えます。でも、あらたまって「インタビューって何ですか」と問われたら、明確に答えづらいかもしれませんね。

ちなみに、Wikipediaで調べてみたら、下記のように説明されていました。

インタビュー(英語: interview)とは、二人かそれ以上の間での会話で、一方が他方に質問をして情報を得るために行われるものである。インタビューは大きく分けて、評価のためのインタビューと情報収集のためのインタビューの2つに分かれる。

インタビュー – Wikipedia

上記説明文中にある情報収集のためのインタビューとは、ジャーナリストが行う取材など、われわれがイメージする一般的なインタビューが主なものになります。

一方、評価のためのインタビューとはジョブ・インタビュー、すなわち面接のことです。テープ起こしの録音場面としては、ほとんどが前者の情報収集のためのインタビューになります。

インタビュアーとインタビュイー

インタビューを行う人(聞き手)はインタビュアーと言いますが、インタビューを受ける人(話し手)はインタビュイーと言います。

「インタビュアーの名前は当社の山田で、インタビュイーは鈴木氏です」とクライアントから業者に指示されたり、逆に業者側から「インタビュイーのお名前を教えてください」と尋ねられることもあります。

インタビュイーという言葉を知らずに、勘違いしてインタビュアーの名前を教えてしまった、そのようなミスも実際にあったりします。

ですから当事務所では、お客様とやり取りするときにはインタビュアーという言葉は使いますが、インタビュイーは使わないようにしています。もちろん、お客様がインタビュイーを使用されるときは、それに合わせて当方も使用します。

インタビューの録音を上手に行うポイント

静かな場所を選ぶ

さて、本題のインタビュー録音を上手に行うポイントについてです。まず基本的な注意点としては、静かな場所で録音するようにします。そんなの当たり前のことじゃないか、あなたはそう思われたかもしれません。

でも、テープ起こしに寄せられるインタビューの録音音声を聞いてみると、周囲の雑音がうるさい音声が意外と多いのが現実です。

テープ起こし作業に支障がないレベルならいいのですが、なかには話者が何を言っているのか聞き取れず、作業不能なレベルの音声も稀にあります。

飲食店などは思った以上に雑音が多い

インタビューは応接室のような静かな場所で行われることもあれば、周囲に人が大勢いる場所や、BGMが流れる喫茶店など飲食店で行われることもあります。

人間の聴覚というのは非常に高機能にできていて、隣席で他の客が喋っていても、あるいはBGMや空調の音が少々うるさくても、インタビュー相手の話を聞き取ってしまいます。

こうした音声の選択的聴取はカクテルパーティー効果と呼ばれます。騒がしいパーティー会場でも、自分の話し相手の声を聞き取れる現象から名付けられました。

しかし、録音機器は文字通り機械的に何でも録音してしまいます。喫茶店などで録音した音声を後で聞いてみたら、肝心なインタビューがほとんど聞こえなくてびっくりした、といったことが起こってしまいます。

ですから、静かな場所を選ぶ際は「これくらいなら大丈夫だろう」と高を括らず、テスト的に録音してみるなど、細心の注意が必要と言えます。

早め早めに対応する

お店などの場合は取材場所選びの段階から配慮できればベストですが、それが無理ならば座る場所を静かな席に替えたり、録音機器をインタビュー対象者の近くに置いたり、場合によってはお店の方に頼んでBGMを小さくしてもらったりします。

私自身、インタビューを行う機会も多いです。BGMを止めてくれと言うと嫌な顔をされるかもしれませんが、音量を下げるぐらいでしたら、お店の方も案外協力してくれるものです。

また、広い部屋でインタビューを行うと、インタビュアー、話し手、同席する関係者がバラバラに離れて座ることがあります。

よくあるのは、ロの字型に机を置いた会議室などです。多人数の場合は仕方ないこともありますが、人数が少なければ机をくっつけて近くに寄って録音するとよいです。

どこの場所で録音するにしても、いったんインタビューが始まってしまうと、話を中断していろいろ変更や調整がしずらくなります。早め早めに対処しておきましょう。

人員に余裕があれば担当を分ける

インタビューの録音というのは、慣れていないと意外とバタバタとしてしまうものです。この点は、講演や会議の録音とは異なるところです。

インタビューすることの緊張感はもちろん、質問のために考えをめぐらしたり、お相手の話を集中して聞いたり、いろいろ気遣いをしたり、予定の時間も気になるし、そして録音もしなければなりません。さらに、撮影が必要なこともあります。

場合によっては、インタビュアーが1人で、これら何役をすべて行わなければならないこともあったりします。もし、ゆるされるのであれば、複数名で行って担当を分けたほうが間違いないでしょう。

インタビューに慣れていないと録音だけでも、雑音はうるさくないかとか、機器がちゃんと動いているかとか、電池は大丈夫かとか、結構気になったりするものです。

ただし、取材するインタビュー側があまり大人数になりすぎると威圧的になってしまいますので、その点は気を付けるようにします。

せまい部屋にインタビュー対象者は若い女性が1人、反対側のインタビュアー席にはスーツ姿のおじさんが4~5人ずらっと並んでいる、なんてシチュエーションはできるだけ避けるようにしましょう。

■関連記事

この記事を読まれた方は、下記に記事にも関心を寄せられています。

インタビューのテープ起こし | 業界No.1クラスの実績

対談|テープ起こし録音場面

講演の録音-5つのポイント | テープ起こし録音場面

会議の録音-3つのポイント | テープ起こし録音場面

録音を制する者はテープ起こしを制す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り

コメント

コメントを残す

*