録音対象場面

インタビュー | テープ起こしの録音場面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インタビューの録音

テープ起こしの録音対象場面としては、会議や講演と並んで多いのがインタビューです。インタビューは大別すると、情報収集にために行われる場合と、評価のために行われる場合があります。

インタビューのテープ起こし

インタビュー目的は情報収集と評価

インタビューというと、雑誌や新聞などの記者が行っている取材場面を思い浮かべる方が、多いのではないでしょうか。

確かにそれも代表的なインタビュー場面と言えます。でも、あらたまって「インタビューって何ですか」と問われたら、明確に答えづらいかもしれませんね。

ちなみに、Wikipediaで調べてみたら、下記のように説明されていました。

インタビュー(英語: interview)とは、二人かそれ以上の間での会話で、一方が他方に質問をして情報を得るために行われるものである。インタビューは大きく分けて、評価のためのインタビューと情報収集のためのインタビューの2つに分かれる。

インタビュー – Wikipedia

上記説明文中にある情報収集のためのインタビューとは、ジャーナリストが行う取材など、われわれがイメージする一般的なインタビューが主なものになります。また、情報収集には研究や調査も含まれ、大学の研究者が調査のために行ったインタビューなどのテープ起こしは、当事務所では結構依頼が多いです。

一方、評価のためのインタビューとはジョブ・インタビューのことで、代表的なものとしては、企業などが応募者に対して行う面接のことです。入学試験での面接も、こちらに分類されると思います。

テープ起こしの録音場面としては、ほとんどが前者の情報収集のためのインタビューになります。あと、テープ起こしにおいては、電話インタビューの録音音声もときどきあります。

インタビュアーとインタビュイー

インタビューを行う人(聞き手)はインタビュアーと言いますが、インタビューを受ける人(話し手)はインタビュイーと言います。

テープ起こしの仕事でも、「インタビュアーの名前は当社の山田で、インタビュイーは鈴木氏です」と依頼者であるお客様から私ども業者に指示されたりすることがあります。

しかし、「インタビュアー」というのはよく耳にしますが、「インタビュイー」という言葉は、一般的にはあまり使われないでしょう。そのため、テープ起こし業者からインタビュイーを問われたのを勘違いして、インタビュアーの名前を教えてしまった、そのようなミスも実際にあったりします。

ですから当事務所では、お客様とやり取りするときにはインタビュアーという言葉は使いますが、インタビュイーは使わないようにしています。もちろん、お客様がインタビュイーを使用されるときは、それに合わせて当方も使用します。

インタビューのテープ起こしを依頼するには

私ども佐藤編集事務所では、もちろんインタビューのテープ起こしもお受けしております。正確には数えていませんが、年に数百本はインタビュー音声を文字化しています。

インタビューのテープ起こしといっても、会議や講演などのテープ起こしと同様で、基本的な料金や納期は変わりません。テープ起こしのご依頼を希望される方は、当サイトの依頼フォームからお申込みください。

■関連記事

インタビューの録音を成功させる5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り