テープ起こし都道府県別

愛知県・名古屋からテープ起こし受付中!-初めて依頼の方も安心

全国の大学・自治体・企業、個人事業主などを対象にテープ起こし(文字起こし)サービスをご提供している佐藤編集事務所です。本記事では、名古屋市はじめ愛知県内からテープ起こしの依頼を検討中の方へ、役立つ情報をご提供します。発注から納品、さらに支払までの流れが、テープ起こしを初めて依頼される方にもくわしくわかります。

すぐにテープ起こしをご依頼されたい方へ
佐藤編集事務所へテープ起こしの依頼をお急ぎの方は、以下の5つのリンク先ページをご参照またはご利用ください。テープ起こしサービスをご利用されるにあたって、発注から支払いまでの流れコース起こし方テープ起こし料金納期依頼方法など、必要な情報をすべて掲載しております。

  1. テープ起こし「依頼~納品・支払」までの流れ
  2. テープ起こしの「コース」と「起こし方」について
  3. テープ起こしの料金と納期について
  4. テープ起こしを依頼・発注するには
  5. テープ起こしお申込みフォーム

テープ起こしの依頼をじっくり検討されたい方、今後の発注に備えて情報収集しておきたいという方は、以下の記事をご参考になさってください。

愛知県の皆様に役立つテープ起こし・文字起こし情報

名古屋市からのテープ起こし利用は非常に多い

私ども佐藤編集事務所では、全国的に見ても愛知県からのテープ起こし利用は非常に多いです。また、その多くが名古屋市の大学・企業・各種団体からのご依頼になります。

テープ起こしの依頼は、様々な学校、企業、団体が集中している大都市からが多いですから、愛知県・名古屋市からの依頼が多いのは当然といえるでしょう。しかし、そのほかにも豊田市、一宮市、豊橋市、岡崎市、春日井市、豊川市、安城市西尾市、小牧市など、愛知県内全域からご依頼があります。

佐藤編集事務所はテープ起こしに30年以上の実績がある専門オフィスになります。愛知県からの受注実績も豊富ですので、文字化されたい音声がありましたら、ぜひ安心してお任せください。

愛知県からテープ起こしを依頼するには

普段、テープ起こしを頼まれたことのない方は、どのような流れでテープ起こしが進むのか、よくわからないという方もおられるでしょう。そこで、これからテープ起こしの流れをご説明します。

その前に、まずは音声の準備やご依頼者のパソコン環境など、テープ起こし依頼の前提となる条件を2つ挙げます。

  1. 講演・会議・インタビューなどを録音した音声データが手元にある、または録音の予定が決まっている。
  2. ご依頼者はパソコン(携帯情報端末)やインターネットを使える環境にある。

1は、テープ起こしして欲しい録音音声のデータが準備できているでしょうか、ということです。
録音はご依頼者自身がされることが多いですが、依頼者とは別の方が録音することもありますし、なかにはプロの業者に頼んだり、大きな施設で開催される催しなどでしたら音響のスタッフに頼むことも可能です。

2の、パソコン(またはスマホ等)やインターネットについては、いまどきは使えないことのほうが珍しいとは思います。しかしながら、職場の規定で使用範囲が限定されていたり、電子機器は持っているけれど苦手、という方もおられるでしょう。

この記事では、インターネット検索ができる、HPを閲覧できる、メールでやり取りできる、Wordなどの添付ファイルを開ける、あたりが最低必要条件になります。

テープ起こしの流れ

上記の条件を満たしている方がテープ起こしを依頼したら、その後の業務の流れは下記のように進みます。各ステップを順番にご説明します。

インターネット検索でテープ起こし業者を探す

私ども佐藤編集事務所にテープ起こしを依頼される方は、当サイトからお申込みください。しかし現段階では、他のテープ起こし業者も含めて検討したいという方もおられると思います。

テープ起こしを行ってくれる専門業者を探すには、紹介や口コミなどの方法もありますが、やはり現在はインターネット検索で探すのが便利です。

ネットで探すときは、業者のテープ起こし実績、料金、得意分野などをバランスよく見て、適当な業者を選定します。

テープ起こしの業者に限りませんが、最近は素人でもきれいで立派なサイトを作ります。とくに初めて依頼される方は、パッと見のイメージだけで飛びつかないように気を付けたほうがよいでしょう。

業者サイトからWEB発注する

多くの業者サイトには依頼用のフォームが設置されていますから、そちらからWEB発注します。FAXで受け付けしている業者もあります。

ちなみに、当事務所にWEB発注する場合のテープ起こしお申込みフォームはこちらです。テープ起こしを初めて依頼される方も、簡単かつストレスなくお申込みできます。

電話でも受付をしている業者もありますが、依頼内容の記録が残ったほうが後々のことを考えると安心なので、電話はあまりお勧めしません。

音声データを業者に送る

テープ起こしの発注が完了したら、会議やインタビューなどを録音した音声を業者に送ります。

これは録音方法や音源を収録した記録メディアによって変わってきますが、大別すると、インターネットを利用して受け渡しをするか、郵送で送るかになります。くわしい送付方法については、発注先の業者に確認してください。

ちなみに当事務所への録音音声の送付方法はこちらになります。やはり、ネット経由か郵送で音声を送っていただきますが、お客様の都合のよい方法で結構です。

テープ起こし作業を開始します

録音音声データを受け取った業者は、テープ起こしの作業を開始します。

当事務所では音声認識ソフトなどは使用せずに、ベテランの専門ライターが作業にあたります。現時点では、まだ人力のほうが正確に起こせるからです。

起こした文書を納品します

録音音声の文字化作業が終わったら、文書ファイルを依頼主に納品します。

納品の方法は、メール添付、サーバーにアップロードする、記録メディアに入れて郵送で納品する、ほとんどがこの3つの方法のいずれかになります。

納期はサイトにも案内が出ていると思いますが、とくに急ぐ場合などは必ず事前に確認しておきましょう。なお、納期を短縮したい場合は、特別料金(特急料金)になる場合もあります。

テープ起こし料金の支払い

料金後払いの業者でしたら、納品後(または納品時)に請求書が送られてきますので、代金を支払います。支払方法は銀行振込が多いです。

また、当事務所では、科研費でのテープ起こし料金のお支払いも可能です。そのほか、お客様のご都合に合わせて、見積書や領収書の発行なども対応いたします。

見積りが必要な場合

金額だけ知りたい、見積書が必要な場合

お勤め先からテープ起こしを依頼される場合、見積りが必要になることもあると思います。

また、初めて依頼される方ですと、サイトに案内があっても、実際に料金がいくらになるか心配な方もおられるでしょう。

そこで、正式発注前に、該当するテープ起こし案件について見積りを希望される場合は、その旨を業者に伝えれば、見積り金額を提示してくれます。

その際、捺印したペーパーの見積書が必要な場合、PDFの見積書が必要な場合、メールで見積り金額を知らせてくれればよい場合など、どのような形で見積りを出してほしいかを、業者に伝えましょう。

なお、佐藤編集事務所の見積りは、本ページの下にご案内がありますので、そちらをご参照ください。

★佐藤編集事務所のテープ起こしサービスについては、こちらでご確認いただけます。

まとめ

  • 愛知県・名古屋市からのテープ起こし依頼は非常に多い。
  • パソコン(またはスマホ)環境が整っているか確認を。
  • テープ起こし業者はネット検索で探すのが早い。
  • テープ起こしはWEB発注が便利。
  • 録音音声はネット経由か郵送で送付する。
  • 正式発注前に見積りを依頼する。

■関連記事

東海地方の各県の記事は、下記のリンク先ページでご覧いただくことができます。

長野 静岡 愛知 三重 岐阜

HOME-テープ起こし・文字起こし専門の佐藤編集事務所

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください