テープ起こし全国ネット

神奈川県に顧客多数のテープ起こしサービスです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県はテープ起こし(文字起こし)のご利用が非常に多い地域です。千葉で開業する当事務所にも神奈川県から多数のご依頼があります。そこで、様々な依頼主がいらっしゃいますから、どなたにも共通するテーマとして、テープ起こしの音声の準備などについてご説明いたします。

なお、神奈川県からテープ起こしの依頼をお急ぎの方は、以下の4つのリンク先ページをご参照ください。テープ起こしの発注から支払までの流れ、コース、起こし方、料金、納期、依頼方法・申し込みフォームなど、必要な情報がすべてわかります。

  1. テープ起こし「依頼~納品・支払」までの流れ
  2. テープ起こしの「コース」と「起こし方」について
  3. テープ起こしの料金と納期について
  4. テープ起こしを依頼・発注するには

テープ起こしの依頼をじっくり検討されたい方、今後の発注に備えて情報収集しておきたいという方は、以下の記事をご参考になさってください。

神奈川県からのテープ起こし依頼に役立つ情報

神奈川はテープ起こしの依頼が多い地域

横浜・川崎を中心に、神奈川県は経済・教育・文化などテープ起こしの対象となるような分野がバランスよく発展しており、実際にテープ起こし業者への依頼が多い地域になります。

関東においても、東京に次いで神奈川県からが、テープ起こし業者への発注が多いと思われます。

発注先としては、神奈川県内にもテープ起こし業者は数多くいらっしゃいますが、東京や千葉など首都圏の業者に依頼されるお客様は少なくありません。。

実際、千葉県にある私ども佐藤編集事務所も、神奈川県の皆さまから長年にわたりご愛顧をいただいております。

テープ起こしの音声について

音声録音は発注前か発注後か

テープ起こしを専門業者に外注するとき、準備するものの一番手と言っていいのが録音音声です。

講演、会議、インタビューなどを録った音源をもとに文字化するわけですから、録音音声がなければ始まりません。ただし、テープ起こしを発注時において、録音がまだ済んでいないことはあり得ます。

当事務所の場合ですと、録音が済んでから依頼されるお客様が7~8割、まだ録音が済んでいない段階で依頼されるお客様が2~3割、といった割合です。

やはり大きな案件ですと、何度かに分けて録音が行われたりするので、録音が済んでいない場合が多くなります。例えば、4月1日~15日までの期間にインタビューを20本実施する、といった案件です。

録音済み音声のテープ起こし依頼

録音が済んでから依頼するときは、録音時間が具体的にわかっています。

ですから、業者への依頼時に、正確なテープ起こし料金の見積りを出してもらうことが可能です。

また、録音した音声のすべてを起こす必要がない場合は、対象となる時間を伝えれば、その時間帯だけ文字に起こしてくれます。

業者によって料金計算の規定は若干異なりますが、大抵は起こした時間帯のみについて料金が発生します。くわしくは、依頼先の業者にご確認ください。

これから録音する音声のテープ起こし依頼

依頼時にまだ録音が済んでいないときは、見積りに関してはどうしても概算になってしまいます。

このようなときは、想定される録音時間について概算で見積りを出してもらってもいいですが、音声1分あたりの料金(単価)で見積りを出してもらう方法もあります。

お勤め先などで稟議書を作成する場合などは、概算と単価の両方を記しておくとよいかもしれません。

録音にもぜひ心配りを

テープ起こしの品質を左右する録音状態

最後に、さまざまな録音音声のテープ起こしを日頃受けている業者の立場からのお願いです。

テープ起こしした文書のクオリティは、音声の録音状態に左右されます。聞き取りにくい音声は、どうしても正確に文字化することが難しくなります。

ですから、テープ起こしを依頼することが決まっているようでしたら、ぜひ録音の際は可能な範囲で結構なので、周囲の雑音が入らないようにするなど、音質に気を配っていただけると助かります。

飲食店などで録音するなら静かな席を選ぶとか、インタビューなら録音機器をメインの話し手の近くに置くとか、ちょっとした気遣いだけでも録音状態は異なってきます。

録音状態が悪い音声ですと、どうしても作業時間もかかりますし、聞き取り不明箇所や不正確な箇所が増えてしまいがちです。

また、著しく録音状態が悪い場合は、どこのテープ起こし業者でも引き受けてくれないということも、実際にあり得ます。

あちこちの業者から断られて困っておられると、何とかお力になりたいとは思いますが、こればっかりはどうにもなりません。

「プロのテープ起こし屋なら、どんな音声でも文字に起こせるだろう」と思われている方もいらっしゃるようですが、現実にはそんなことはないのです。

また、業者の本音を言えば、難しい音声の案件を時間をかけて無理してやるよりも、聞き取りやすい音声を数多くこなしていくほうが、経営的にも効率がよいといえます。

というわけで、貴重な録音音声を正確に文字化するためにも、ぜひ録音の段階からご配慮いただけますようお願いいたします。

なお、当事務所へのテープ起こし依頼をご検討される場合は、以下のテープ起こしサービスのページをご参照ください。

佐藤編集事務所のテープ起こしサービスご案内

■関連記事

本記事の関連情報として、関東地方の各県の情報もご参照いただけます。

栃木県群馬県茨城県埼玉県千葉県、東京都、神奈川県

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り

コメント

コメントを残す

*