テープ起こし・文字起こし業者

テープ・文字起こしを代行サービスに外注する

テープ起こし・文字起こしは、音声データを自動でテキスト化するツールを使えば簡単、という情報をネットの記事でよく見かけます。でも、実際に使ってみると、文字化の精度やツールの使い勝手など、まだまだ実用面では物足りないことも多いのが現実。時間をかけて慣れないことをするより、専門業者の代行サービスを利用することも検討しよう。

文字起こしやデータ入力は代行サービスがよい理由

進歩が著しい音声認識技術だが

自動テキスト化ツールは結構多い

スマートフォンやスマートスピーカー等にも使われ、近年は進化が著しい音声認識技術。生活や仕事など、さまざまな場面で便利さや効率アップにつながりますし、その利用範囲も広がっています。

一方、いわゆるテープ起こし、文字起こしと呼ばれる、会議やインタビューの録音音声をテキスト化する作業においても、音声認識技術の応用は期待されています。実際、音声データを自動でテキスト化するソフト・アプリやサービスはすでに多数あります。

人力の文字起こしは減っていない

じつは、こうした自動テキスト化の動きは最近に始まった話ではなく、ずいぶん以前から行われてきました。

私の記憶している限りでも十数年以上前から、「文字起こしはそのうち機械化され自動でできるようになる」と、同業者の間では言われていました。ですから私自身、もうだいぶ前から人力で文字化するテープ起こし代行の仕事もそろそろ終わりかなと思っていました。

ところが、今現在も全国から多くの依頼があり、文字化を代行する仕事を続けています。じつは、音声認識技術を用いた文字起こしは、技術的には進化しているものの、実用性においてはなかなか難しい面が多いのも事実なのです。

現状ではまだ、「音声データのテキスト化は専門業者の代行サービスを頼んだほうがよい」と言わざるを得ません。

音声テキスト化の代行サービスは業者に頼んだ方がよいという理由を、下記のとおり3つにまとめてみました。

理由1―録音音声の自動テキスト化は難しい

直接入力の音声と録音音声は異なる

音声データを自動テキスト化できるツールは今や多数あります。それらは大抵、話者の声を直接に音声入力して、それをテキスト化します。

しかし、いわゆる文字起こしにおける音声の多くは、ICレコーダーなどの機器で録音された音声になります。現状では、こうした録音音声を自動でテキスト化できる機能をもったツールは、まだ数少ないです。

しかも、録音音声からのテキスト化の精度はまだまだ実用では使えないことも多いのです(詳しくは理由2の項目で説明)。

広告のようには簡単ではない

音声データの自動テキスト化を望む方の中には、「直接入力された音声」と「録音された音声」をごっちゃにされている場合が少なくありません。

確かに、音声をテキスト化する精度は全般的に高まってきているのは事実です。ですから、「音声認識の技術が向上している」という記事を読んだり、CM等でスマホに音声入力してGoogleが的確に答えている様子を見たりすると、「おっ、これを使えば文字起こしなんか簡単じゃないか」と思ってしまいがちです。

しかし、録音音声データからの自動テキスト化には、まだまだ課題が多いというのが現実です。

理由2-録音音声の音質アップは簡単にはできない

音声認識に適した録音音声とは

録音音声データからのテキスト化が難しいのはなぜでしょうか。そのおもな原因は、録音音声の音質によるためです。音声認識に適した音声データを録るためには、以下のような条件を満たすことが必要と言われています。

  • 録音機器のマイク(音声入力側)と話者の口(音声出力側)の距離を近くする。理想は10センチ以内。
  • 録音の際に、雑音、ノイズが少ないクリアな音を録る。
  • 不明瞭な言葉や発音、強い訛り、専門用語、会話のかぶりなどを少なくする。

理想をいえばキリがないのは確かですが、よほど入念に準備した録音音声でなければ、音声認識には向かないということになります。

まして、話者の話し方や使う言葉は、自分1人で話す講演や講義などならある程度は直すことも可能かもしれませんが、他人が話す会議やインタビューでは現実的にはどうにもならいないでしょう。

その場でテキスト化すればいいのだが

録音音声データからの自動テキスト化が難しいならば、会議やインタビューを行うときに、その場で音声認識技術を使って、話者の音声を直接入力してリアルタイムで文字化すればいいのではないか、といわれる方もいらっしゃるかもしれません。

確かにそれも一つの方法ですが、実際には会議等の実施場所の環境や話される内容、話者の話し方などはさまざまです。先述した通り、かなり条件が整っていないと良好な音声は録れませんし、スムーズなテキスト化は難しいと言えます。

議会の自動テキスト化はやりやすい

現在、自動テキスト化にまずまず成功しているものに地方公共団体等の議会があります。議会といってもいろいろあるでしょうが、事前に用意した答弁を朗々と読むだけの議会なんかはテキスト化しやすいでしょう。

議場は録音・音響等の設備も整っていますし、議会の質問・答弁はマイクの前で大きな声で明瞭に語られる傾向があります。また、話の文脈も整っていますし、無駄な言葉が少なく、出てくる単語も想定しやすいです。

議会以外でこれほど条件の整った録音音声というのは、むしろレアなケースといえます。

理由3-素人には意外と手間がかかる

自動テキスト化ツールは本当に簡単か

インターネットの記事を見ていると、音声認識や自動テキスト化ツールを使って、効率よく文字起こしができたという話が出ていることがあります。

しかし、よく読んでみると、普通に録音した音声データから高い精度でテキスト化できたという話は、私が探した限りでは少ないように感じます。せいぜい「文字起こし作業の効率アップにはなりそうだ」ぐらいでしょうか。

しかも、それらの記事を書いておられる方は、ある程度、コンピュータに強い方のように思われます。ご本人は否定されるかもしれませんが、私のようにコンピュータが苦手の部類に入る者から見ると、だいぶコンピュータや各種ソフト等の扱いに慣れている印象を受けます。

正直、記事を読んでいて、「簡単だって書いてあるけど、こんなに面倒なことできないよ」と思ってしまうこともありますね。

業者の代行サービスを頼んだほうが結果的には得

あなたはコンピュータやIT(情報技術)にくわしいでしょうか。あるいは、日々のお仕事や研究などに追われ、いつも時間がないと思われていないでしょうか。

もし、コンピュータはあまり得意ではないし、仕事も忙しい、というのであれば、文字起こしは専門業者の代行サービスを利用されたほうが賢明です。

今から、音声認識による自動テキスト化ツールを探して、使い方をマスターするのは、時間も手間もかかりすぎてしまうでしょう。それでも、結果的にテキスト化がうまくできればいいですが、結局うまくいかなかないことも十分あり得ます。むしろ、そちらの可能性のほうが高いと私は思います。

仕事の能率を上げるコツはいろいろありますが、その一つとして、「何でも自分でやろうとしない」ということがよくいわれます。仕事が遅い人、成果が上がらない人は、仕事の優先順位をあまり考えずに無駄なことに時間を割いていることが多いんですね。

ですから、忙しい方ほど、面倒で時間がかかる文字起こしは、専門業者などに代行してもらったほうが得策といえます。

まして、年に数回しか文字起こしの必要がないとか、今回が最初で最後かもしれないとか、そういった方であれば、あえて無理して音声認識ソフトなど自動テキスト化ツールを使うメリットも少ないはずです。

でも、「自分でやればお金がかからないし」という方もおられるでしょう。しかし、ほかにもっと生産性の高い仕事を休んで文字起こしをするのだとしたら、業者への代行・外注費のほうがはるかに安いかもしれません。あなたの貴重な時間を何に使うべきか、よく考えてみる必要はあるでしょうね

テープ・文字起こし代行サービスのご案内

当サイトを運営している佐藤編集事務所は、プロのライターが行うテープ・文字起こしの代行サービスを提供している専門業者になります。全国の企業や大学などから依頼を受けて、録音音声のテキスト化を代行しております。

音声データのテキスト化を関連ソフトを使って自身でやる自信がない、実際やってみたが上手くいかなかった、急いでいるので時間をかけて自分でやっている余裕がない、といった場合はいつでもお問い合せください。

料金、依頼方法、代行サービスなど文字起こしのくわしい情報は、当サイトのHOMEから各ページをご覧いただけます。

本ページの下方にも、テープ起こし・文字起こしの発注・無料見積についてのご案内を掲載しております。お急ぎの方は、そちらからお申込みください。

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


テープ起こしの発注および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームからお願いいたします。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム

コメント

Comments are closed.