テープ起こし-関連情報

テープ起こしと文字起こしの名称について

音声の文字化をなんて呼べばいい?

録音音声を文字化することを何と呼べば適切なのでしょうか。「テープ起こし」「文字起こし」といった名称に関して、現状や今後の方向性を予測してみました。

音声を文字に起こす作業だから「〇〇起こし」という名称が生まれた

ICレコーダー(ボイスレコーダー)、テープレコーダーなどの機器で録音された人の発言や会話を、文字に起こす作業、あるいはその仕事について、なんと呼べばいいのか呼称に関して考察してみたいと思います。

まず、「起こし」という言葉が名称に付く場合が多いのですが、これは録音された音声を文字に「起こす」ということから「〇〇起こし」という名称が生まれました。

ときどきネット等で、「テープお越し」といったように、「起こし」の部分が「お越し」になっているのを見かけることがあります。これは意図的にそうしているというよりは、単純に変換ミスではないかと思われます。

録音機器・記録媒体のめまぐるしい変遷

メディア関係などのプロはともかく、一般的には何か録音するというときは、ICレコーダーが使われることがいまや当たり前になっています。

近年は、スマートフォンやタブレットに内蔵されているボイスレコーダーやアプリを使って、音声を録音される方も増えてきました。

録音機器や記録媒体の変遷は結構めまぐるしく、カセットテープ、MD、FD、MO、CD、DVD、USBメモリなど記録媒体が次々と誕生しては衰退していきました。

私は前述の記録媒体はすべて使用した経験がありますが、若い方ですとCDより前は知らないとか、世代によって違います。「MDはよかったよねー」なんて懐かしそうに言ったりすると、年齢がバレてしまいますね。

さらに、今や記録媒体そのものが使用されなくなってきています。テープ起こし・文字起こしに出される音声データも、ICレコーダーからパソコンへ移動し、そのままインターネットを経由してデータのまま送られてきたりします。

アナログ音声からデジタル音声へ

録音音声については、大きな流れとしてはアナログ音声からデジタル音声へのシフトが挙げられます。

デジタル音声の普及(といってもだいぶ昔のことですが)にともない、革命的と言っても大袈裟ではないくらい、文字の起こし方も仕事の進め方も変化しました。

今や、アナログ音声の代表格だったテープはめっきり減少してしまいました。もうテープの時代ではないのですが、音声を文字化することを今でも「テープ起こし」と呼んでいるところは多いです。

当サイトでも主に「テープ起こし」と表記しており、補足的に「文字起こし」を使っています。

言葉が発せられるところにテープ起こしのニーズあり

音声を録音される場面としては、インタビュー対談、座談会、会議講演、パネルディスカッション、電話の会話、朗読、語り、などがあります。

要は、録音が可能なシーンであれば、すべてテープ起こしの対象になるということです。そこでこの業界では、「人の言葉が発せられるところには、テープ起こしのニーズが必ずある」といわれたりします。

録音や起こし方の技術・機器・ソフトはめまぐるしく変化しても、人の話を文字化(テキスト化)するというニーズは、いまもなくなっていません。

 こんな名称も使われています

前述したとおり、当サイトでは「テープ起こし」を主にして、サブ的に「文字起こし」という名称を採用しています。

呼び方はこのほかにもあり、ほぼ同じ意味として使われているものとして、「音声起こし」「反訳」「テープリライト」などはよく見受けられます。お役所関係などかたい言葉を好むところは「反訳」を使う傾向がありますね。

さらに、「書き起こし」「原稿起こし」「ボイスリライト」「テープライティング」「トランスクリプション(transcription)」「テープトランスクリプション(tape transcription)」などもあります。

また、文字の起こし方に主眼を置いた呼び名として、「逐語起こし」「素起こし」「丸起こし」「粗起こし」なども使用されることがあります。

音声文字化の名称一覧

  • テープ起こし
  • 文字起こし
  • 音声起こし
  • 反訳
  • テープリライト
  • 書き起こし
  • 原稿起こし
  • ボイスリライト
  • テープライティング
  • トランスクリプション
  • 逐語起こし
  • 素起こし など

デジタル時代でも根強い「テープ起こし」という呼び名

どの名称がどれくらい普及し使用されているかわかりませんが、インターネットで検索した結果や、同業者や作業者と話した現場の実感としては、現時点ではまだ若干「テープ起こし」が強いように感じています。次が「文字起こし」でしょうか。

この「テープ起こし」という呼び方は、「テープ」という言葉が今の時代にふさわしいかというよりも、名称そのものが記号的に用いられて定着していると言えます。

ただ、ICレコーダー(スマホ等も含め)が普及し主流になっている現在において、いくら「テープ起こし」という名称が根強く残っているとはいえ、今後ますます名前と実態が離れていく傾向は進むことでしょう。

どの名称を使えばいいか迷ったら、現時点では「テープ起こし」「文字起こし」あたりを使用しておけば問題ないと思います。どの名称を使ったら正しい、間違いは今のところないようです。

ただ、相手が聞いたときに、直感的に意味が理解できない呼び名は使わないほうが無難でしょう。

たとえば、以前お客様から「音声リライトをお願いします」と言われたことがあります。どうやら、お客様の職場ではテープ起こしのことを昔からそう呼んでいるようでしたが、一般的にはちょっとわかりづらいでしょうね。

テープ起こしを依頼するには

当サイトを運営している佐藤編集事務所では、長年にわたりテープ起こしサービスをご提供しています。サイト内に、料金見積り、パソコンやスマホから簡単にできる依頼の方法などをご案内しておりますので、ご参照ください。

また、至急、テープ起こしを発注したい、あるいは見積りを頼みたいという方は、本ページの下記にも発注・無料見積りの案内を掲載しておりますので、お急ぎでしたらご覧ください。

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


テープ起こしの発注および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームからお願いいたします。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム