テープ起こし ソフト・アプリ

AI・人工知能で文字起こし(テープ起こし)の時短と作業軽減を実現

AI・人工知能は身近なところでは、ロボット、ゲーム、自動車、家電にも利用されていますし、ビジネス、医療、教育、研究など幅広い分野で活用されています。また、文字起こし・テープ起こしにおいても、AI・人工知能を使ったソフトなどの普及が進んでいます

AI・人工知能と音声テキスト化について

AI・人工知能とは

近年、AIあるいは人工知能という言葉を、さまざまなメディアでもよく見聞きするようになりました。

AI・人工知能は最近出てきた研究分野かと思われるかもしれませんが、その研究自体は、一説では1956年に学問分野として確立されたともいわれています。けっこう歴史があるんですね。

人工知能(artificial intelligence: AI)とは簡単にいうと、知的なコンピュータプログラムをつくる科学と技術のことをいいます。

AI・人工知能の研究には、二つの方向性があるといわれます。一つは、人間の知能をもつ機械をつくろうとする研究です。もう一つは、人間が知能を使ってすることを機械にさせようとする研究です。現在、AI・人工知能の研究や応用というと、後者の立場に立ったものが多いです。

音声をテキスト化する、いわゆる文字起こし(テープ起こし)においても、AI・人工知能は無縁ではなくなってきています。この点についてくわしくは、後に記したいと思います。

AI・人工知能が利用される研究分野

AI・人工知能は、さまざまな分野で研究され、実用面への応用も進んでいます。例えば、以下のような分野になります。

情報検索

コンピュータを用いて、大量のデータから目的に合致したものを見つけ出す技術です。検索エンジン、図書館の蔵書・各種文書、技術文献、裁判判例、特許審査など、応用範囲は幅広いです。

機械学習

人間がもつ学習能力と同じように、コンピューターにデータを与えることで学習をし、将来予測や意思決定を実現できるようにすること。従来は、統計的な学習アルゴリズムが定式化されてきましたが、近年はニューラルネットワークによるディープラーニングが注目されています。

感性情報処理

数値・論理・知識といった従来の情報処理の対象ではなく、直観・イメージなど「感性」と呼ばれる主観的な情報を扱う研究分野です。

データマイニング

データベース技術と機械学習が結びついた技術になります。大量の整理されていないデータを、統計学や人工知能などの分析手法を駆使して、知識を見出すための技術です。

画像認識

静止画または動画を、コンピュータで理解・認識する技術です。対象物の特徴である形状、寸法、数、明暗、色などを抽出、分析、識別して認識検出する手法などがあります。近年では、防犯カメラで撮った画像・映像の画像認識技術が犯罪捜査の解決に一役買って、話題になったりしています。

自然言語処理

人が日常的に使っている自然言語や文章に何が書かれているかを、コンピュータに処理させる技術です。音声認識や情報検索の分野などで応用されています.

音声認識

人間の声や音声などをコンピューターに認識させることで、話し言葉を文字列に変換したり、音声の特徴から発話者を識別したりする技術です。例えば、マイクに向かって話した内容をコンピュータに理解させることで、スマートフォンの音声検索、家電やスマートスピーカの音声による操作、カーナビゲーションなどに利用されています。

AI・音声認識で文字起こしを効率化

人力の文字起こしに比べ桁違いに効率がいい

音声をテキスト化するということでは、いわゆる文字起こし(テープ起こし)にもAI・人工知能の一分野である音声認識技術の利用が期待できます。実際、音声認識ソフトやアプリもいろいろ出ています。

人力による文字起こし(テープ起こし)を行ったことのある方は、その作業の面倒臭さや、想像以上に時間を要することに辟易した経験がおありかもしれません。しかし、AI・音声認識ソフトを利用すれば、圧倒的に文字起こしを効率化でき、作業量を減らし時短も実現できます。

普通に録音した音声だと文字化の精度が落ちる

ただ、問題もあります。実際に録音された音声は、録音場所のノイズ、話し手の声質、声の大小、専門性など話の内容や言葉遣い、文脈の乱れなど、それぞれ異なるものです。AI・音声認識で処理できないような、録音状態のレベルが低い音声も少なくありません。

私の個人的な見解では、ICレコーダーなどで普通に録音した音声の文字起こし(テープ起こし)は、AI・音声認識ソフトを使用してもまだまだ難しい印象があります。やはり録音状態が今一つだと、テキスト化の精度はだいぶ落ちてきます

クリアな録音音声を準備できれば好結果に

逆にいえば、クリアで聞き取りやすい録音音声を準備できれば、AIの文字起こしでも好結果が得られるわけです。

具体的には、マイクに口を近づけて、はっきりとした声で、理路整然とした話を入力した録音音声であれば、AIでのテキスト化の精度はグンと高まります。

とは言っても、自分で話して自分で録音するならともかく、インタビューや会議などは出席者も様々ですし、なかなか録音者の意図した通りに好条件をつくることは難しいかもしれません。

しかし、AI・音声認識ソフトを使用して文字起こし(テープ起こし)を行うということで録音参加者の協力が得られれば、けっして不可能ではないと思います。

こんな方は無理をしないほうがよい

違う視点から現実的なことを言えば、ITにあまり詳しくない方、とくにアナログ派の年配の方はあまり無理してトライする必要はないでしょう。慣れていない方には、AI・音声認識ソフトやアプリは思った以上に使いづらいかもしれません。

今後の仕事などに、こうしたソフトやアプリを頻繁に使用する可能性があるようでしたら、頑張って時間をかけて使いこなせるように努力するメリットもあると思います。

しかし、使用するのが今回だけとか、年に数回程度というのであれば、時間に余裕のある方でなければ、あえてチャレンジする必要はないかなと思います。このテーマに興味のある方は、以下の記事もご参照ください。

録音音声データを自動で文字化できるソフトは使えるか

佐藤編集事務所に文字起こしを依頼するには

音声認識ソフトやアプリを使ったテープ起こしは、現状ではまだ難しそうだ、あるいは忙しいので試行錯誤しながら自分でやる時間はないという方は、無理をせずに専門業者への文字起こし(テープ起こし)発注をご検討ください

文字起こしに30年以上携わっている佐藤編集事務所でも、全国から文字起こし(テープ起こし)をお引き受けしております。インタビュー、会議、講演会、座談会、対談などを録音した音声を、専門のライターが正確かつ迅速に文字化いたします。

佐藤編集事務所がご提供している文字起こし(テープ起こし)サービスについては、サイトのHOMEから各ページを案内しておりますのでご参照ください。依頼から納品までの流れ、コース、起こし方、料金、納期、見積り、申込方法などの情報がわかります。

HOME-テープ起こし・文字起こし専門の佐藤編集事務所

また、本ページの下にも、佐藤編集事務所への文字起こし(テープ起こし)発注や無料見積りのご案内を掲載しております。お急ぎの方は、こちらからスグにお申込みが可能ですので、ぜひご利用くださいますようご案内申し上げます。

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


テープ起こしの発注および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームからお願いいたします。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください