納品について

文字に起こした文書の納品方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当事務所にテープ起こし(文字起こし)を依頼した後、作業が終わった納品文書はお客様にどうやって納められるのかをご説明します。

納品方法について

Q.起こした文書の納品方法を教えてほしい

A.ご質問への回答

納品文書は通常、メール添付でお納めしております。ただし、郵送希望のお客様には、CD等に文書を入れて郵便や宅配便でお納めいたします。

納品文書はワードで作成が基本

テープ起こし作業において音声を文字化する際は、通常はワード(Microsoft Word)を使用して文書作成します。

ただし、ご希望があればエクセル(Microsoft Excel)での作成もお受けしております。

ワードでもエクセルでも、作成した文書の納品方法や納期、料金は変わりません。

納品方法の選択について

先述のとおり、納品方法は起こした文書をメール添付で送るか、郵送・宅配便になります。お客様から特にご指定がなければメール添付でお納めしております。

メール添付か郵送かの選択は、ご依頼フォームに「納品方法」の項目がありますので、そちらでお選びいただけます。

納品方法による納期の違い

なお、郵送納品の場合は配達日数が1~3日ほどかかりますので、メール添付での納品よりお手元に届くのが数日遅くなりますのでご了承ください。

 

テープ起こしFAQ一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*