サービス内容

【お急ぎの案件】テープ起こし・文字起こしの納期短縮について

  • LINEで送る

佐藤編集事務所にテープ起こし・文字起こしを発注される方の中には、納品を急いでおられる場合も少なくありません。そこで、お急ぎ案件への対応、納期短縮は可能か、最速納期で頼めるのか、特急料金はあるのか、などについてお答えします。

納品をお急ぎのお客様への対応について

納期を短縮してもらうことは可能ですか?

お急ぎの案件の納期短縮について

結論から言えば、お急ぎのテープ起こしについて、納期短縮は可能です。ただし、「可能な範囲で」ということになります

例えば、通常でしたら5日間の作業日数が必要な案件を、1日で納品して欲しいと言われたら、それはちょっと無理になります。では、5日間を何日までなら短縮可能なのかと問われると、これはケースバイケースになります。

そのときの作業スケジュールが過密であるとか、音声内容が難しい、録音状態が悪い、年末年始や年度末や月末などの繁忙期にかぶるといった場合は、納期の短縮がどうしても難しくなります。

ですから、納期の短縮をご希望の場合は、ご依頼時にご相談いただけましたら、そのときの状況を見て最速の納期をご提示いたします

納期(作業日数)に関する説明

当事務所の標準的なテープ起こし納期は

佐藤編集事務所にテープ起こしを発注した際の、標準的な納期(作業日数)について、ご説明します。通常、依頼してから納品までどれくらい時間がかかるのか、ということです。

なお、当事務所には「標準コース」と「リライトコース」の2コースがありますので、ここでは一般的なテープ起こしである「標準コース」をもとにご説明します。実際、お客様の8~9割は「標準コース」を利用されています。

テープ起こしの納期(作業日数)は、音声の録音時間に比例して長くなっていきます。録音時間が長ければ作業時間(日数)も長くなりますし、逆に録音時間短くなればなるほど作業時間(日数)も短くなります。

当事務所でテープ起こしを行った場合の納期(作業日数)ですが、以下に示したとおりです。なお、テープ起こし作業は音声受取の翌日から開始し、納品は作業終了日の翌日(メール添付で納品の場合)になります。

  • 録音時間60分以内・・・テープ起こし作業日数3営業日
  • 録音時間61~120分・・・テープ起こし作業日数4営業日
  • 録音時間121~180分・・・テープ起こし作業日数5営業日
  • 録音時間181分~240分・・・テープ起こし作業日数6営業日
  • 録音時間241分以上・・・テープ起こし作業日数7営業日以上

60分の音声ですと納品までの作業日数は、土日祝を除く営業日で3日間になります。例えば、録音音声を4月1日(月曜日)に受け取り、4月2日(火曜日)から作業開始したとすると、4月5日(金曜日)の納品になるということです。

土日祝は作業日数としてカウントいたしません。また、年末年始、お盆期間の夏期休暇中は平日でも休業日となることがありますので、ご了承ください。

こちらに料金・納期の早見表を掲載しておりますので、よろしければご参照ください。

納品方法でも納期が変わってきます

テープ起こしした原稿はWord文書で納品します。その際、通常は納品文書をメール添付でお送りしています。上記の納期(作業日数)もメール添付を前提としています。

しかし、お客様の中にはメール添付での納品は不可という場合もあります。このようなときは、Word文書をCDやDVDに入れて郵送・宅配便でお納めしています

メールでしたら配送時間はほとんどゼロですが、郵送・宅配便ですと配送に1~2日はどうしてもかかってしまいます。さらに週末の発送で土日祝を挟んだり、あるいは離島など遠隔地の場合は、お手元に届くまでさらに日数がかかることもあります。

納品をお急ぎの場合は、なるべくメール添付での納品を選択いただけると、よろしいかと思います

納期短縮した際の料金について

テープ起こしの納品を急いだ場合の料金についてご説明します。

納期短縮(特急対応)をした場合のテープ起こし料金は、当事務所では通常の料金と変わりありません。最速で納品しても、通常通りに納品しても、同じ料金ということです。ただし、上記で説明のとおり、どれくらい納期短縮できるかはそのときの状況によりますので、ご了承ください。

また、他所のテープ起こし業者では、納期短縮した場合は割増料金になることも多いです。他所の業者にご依頼の場合は、事前に確認されることをおすすめします。

納期短縮による原稿のクオリティ

納期短縮すると心配になるのは、文字に起こした原稿のクオリティではないでしょうか。早かろう悪かろうでは意味がありません。

佐藤編集事務所ではテープ起こし作業が完了すると、まずは文字に起こしたライターが自ら原稿チェックします。さらに、お客様に原稿をお納めする前に、作業者とは別の者が最終チェックを行います。つまり、納品原稿をダブルチェックしているということです

このダブルチェックにより、急ぎの案件をお受けしても、いつでも常に安定したクオリティの原稿を納められるよう努めております。

納期・納品に関連する記事

当事務所のテープ起こし・文字起こしサービスの納期・納品については、下記の記事もご参考になります。本記事とあわせてご覧ください。

佐藤編集事務所では、納期・納品に関するご質問はじめ、テープ起こし・文字起こしに関するお問い合せやご相談を、いつでもお受けしております。

なお、テープ起こし・文字起こしのサービス案内は、こちらのページでご覧いただけます。

▼本ページを下方へスクロールしていただきますと、テープ起こし・文字起こしの依頼および見積りについてのご案内を掲載しております。こちらからもお申込みできますので、お急ぎの方はぜひご参照ください。

  • LINEで送る

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


テープ起こしの発注および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームからお願いいたします。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム