起こし方のコツ

起こした文章を読みやすくする「ケバ取り」作業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケバ取り

テープ起こしする際、起こした文章を読みやすくするのに役立つのが「ケバ取り」作業。起こし方のコツと言ってもいいでしょう。

プロのテープ起こし業者やライターも行う「ケバ取り」とはどのようなものか。対象となる具体例も含めて説明します。

「ケバ取り」とは、話の内容と関係ない不要箇所を取り除くこと

テープ起こしした文章は、書き手がゼロから作成した文章と大きく異なる特徴があります。それは、話し言葉を聞き取り、文字(文章)へと書き起こしているという点です。

内容にもよりますが、話し言葉と書き言葉は似て非なるもので、大抵、人が自由に話した部分(自由発話部分)というのは文脈が乱れていたり、無駄が多かったりするものです。

不思議なもので、人の話というのは耳で聞いていると、さほど違和感がなかったりします。しかし文字にしてみると結構、意味不明だったり、無駄な言葉や音が含まれていたりします。

こうした話の内容と明らかに関係がなく意味もない言葉や音を「ケバ」と言います。

たとえば、発話の頭や会話中につい出てしまう「あー」「えー」などの間投詞やフィラー、言葉を噛んだり、過剰に相槌を打ったりするものです。

このようなケバは通常、テープ起こししながら取り除いていきます。「ケバ」を「取る」ので、この作業は「ケバ 取り」と呼ばれます。

話の内容自体が意味不明なのはどうしようもありませんが、無駄を取り除くケバ取りを行うことで、テープ起こしした文章は一段と読みやすくなります。

ケバやケバ取りの正確な定義はないようですが、プロのテープ起こし業者も行っている作業になります。

ケバは誰の話にも必ずあるもの

ご自身でテープ起こしされる際、一字一句正確に起こすのは手間ですから、ケバ取りをすることで作業自体もスピードアップします。

また、テープ起こしした文書は、その後にいろいろな方が読まれたり、使用されたりすることもあるでしょう。ケバ取りしていない文章を読まされるのは苦痛ですし、場合によってはクレームを受けることもあるかもしれません。

もちろん、話し方の上手下手には個人差がありますし、話の内容や、話し手の立場、場所、相手などのシチュエーションによっても、音声中のケバの多寡は変わってきます。

普段は流暢に話される方が、大聴衆を前に講演したら噛みまくり、間違えまくりだった、なんてことはよくあることですよね。

しかし、いずれにしろ、多かれ少なかれケバはあるのが普通です。アナウンサーがニュース原稿を読んでいるような、ケバがほとんどない音声はむしろレアなケースです

ケバ取りの対象となる例

参考までに、どんなときにケバ取りを行うかを下記に挙げてみます。これ以外にも、ご自身で不要と思われた箇所はケバ取りして構いません。

ケバ取りの例

  •  「あー」「えーと」など、意味を持たない声や言い淀み(間投詞・フィラー)。
  • 「はいはいはい…」「うんうんうん…」など、過剰な相槌、無意味な繰り返し
  • 「や、やっぱり」など、吃音、つっかえ、言葉の噛み
  • 「昨日、いや一昨日」など、明らかな言い間違え、とちり

などが、ケバ取りの対象になります。

実際には、専門のテープ起こし業者や、作業するプロのライターであっても、どの箇所をどこまでケバ取りするかは、人によって若干変わってきます。

また、話者の感情、録音時の雰囲気、自由発話ならではのニュアンスを伝えるために、あえてケバ取りを少なくしたりする場合もあります

ケバ取りしない逐語起こし

なお、会話分析などの研究目的や、あるいは裁判証拠とするときなど、あえてケバ取りせずに一字一句正確に文字化することもあります。

この起こし方は「逐語起こし」あるいは「素起こし」などと呼ばれます。

逐語起こしした文章はどうしても読みづらくはなりますが、研究や裁判など目的によっては正確さが優先されることもあります。

■関連記事

この記事を読まれた方は、下記の記事も読まれています。

これだけは知っておきたい3つの「起こし方」

初心者は細部にこだわりすぎないのがコツ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り