テープ起こしサービス内容

テープ起こしの録音音声データ送付方法について

テープ起こし音声の送付方法

私ども佐藤編集事務所にテープ起こしの発注が完了しましたら、録音した音声データを送っていただきます。ここでは、どうやって録音音声データを送付すればいいか、その方法を具体的にご案内いたします。

録音音声データの送付方法

インタビュー、会議、講演などを録音した音声をテープ起こし業者である当事務所に送る方法は、大別すると以下の2通りあります。

  • インターネットを利用して送る
  • 郵送・宅配便で送る

現在、録音はICレコーダー(スマホ等のボイスレコーダーも含む)の使用が大半です。そのほかに、一昔前には録音の主役であったカセットテープ、それからMDなどに録音することもあります。

それぞれの録音に適した音声送付方法について、これからくわしくご説明していきます。

インターネット利用による音声送付方法

無料ファイル転送サービスで送る

ファイル転送サービスとは、メール添付で送信できない大容量のデータを送ることのできるサービスです。ICレコーダーなどで録音したデジタル音声を送るときに便利です。

使い方は、ファイル転送サービスを提供しているWebサイトに録音音声データをアップロードすると、そのリンク先URLが表示されます。それを、受取人である当事務所にお知らせいただきます。

当事務所はファイル転送サービスのサイトから、お客様の録音音声データを受け取る(ダウンロードする)という仕組みです。有料プランもありますが、多くのファイル転送サービスは無料で利用できます。

以下に、当事務所のお客様がよく利用されているファイル転送サービス(無料プラン)をご紹介します。※各サービス名称がリンクになっています。

名称 firestorage データ便 GigaFile便
利用料 無料 無料 無料
送信可能容量 2GB 100~300MB 75GB
パスワード あり あり あり
会員登録 なし 登録すると300MB使用可 なし
特徴 会員登録も可能 セキュリティ便あり 大容量75GB

各ファイル転送サービスの詳細は変更されることもありますので、ご使用の際には最新の情報をご確認ください。

また、何らかの理由によりファイル転送サービスが利用できない場合は、下記の「郵送・宅配便による音声送付方法」をご参照ください。

ご勤務先などのサーバーを使用する場合

お客様が勤務・所属の会社や大学のサーバーで、録音音声データの受け渡しができるようでしたら、そちらをご利用いただいても結構です。

あるいは、個人で利用されているクラウドストレージなどによる音声データの受け渡しでも構いません。

メール添付での送付について

録音音声データのサイズが小さければ、メール添付で送ることも可能ですが、だいたいどこのテープ起こし業者も推奨していません。

というのも、テープ起こしの対象となる音声データは、ほとんどが数十MB以上で、100MBを超える音声データも珍しくありません。

メール添付で送れるのはせいぜい数MB程度なので、現実的にはメール添付はほぼ使えないということです。

郵送・宅配便による音声送付方法

郵便や宅配便で音声を送る方法について

カセットテープ、MDなどに録音した音声の場合は、テープ等の記録メディアを郵送や宅配便で、佐藤編集事務所宛にお送りください。

また、ICレコーダーで録音されたデジタル音声であっても、ファイル転送サービスでの送付が難しい場合は、音声をDVDやUSBメモリ等に入れて、当事務所まで郵送または宅配便でお送りください。

郵送・宅配便での送付先

当事務所に記録メディアを郵送・宅配便で送る場合は、下記住所までお願いいたします。

佐藤編集事務所
〒271-0092千葉県松戸市松戸1276-1-512
TEL.050-5534-8054

ICレコーダー本体のご送付について

ICレコーダー(ボイスレコーダー)で録音した後、音声ファイルをパソコンや記録メディアへ移動できないというお客様もいらっしゃいます。

このような場合、ICレコーダー本体を送っていいか、というお問い合せをいただくことがあります。

結論から言えば、お引き受けはしています。ただし、輸送中の事故や機器操作中の故障・データ消失について、責任は負えませんことをあらかじめご了承願います。

輸送・テープ起こし作業とも、機器本体が関わるとどうしてもリスクが高くなりますので、なるべくICレコーダー本体の送付は避けていただけますよう、お願いいたします。

また、近年はスマートフォンに内蔵のボイスレコーダーやアプリで録音される方もふえています。スマートフォン本体を郵送したいという方は滅多にいらっしゃいませんが、どのようなご事情があっても郵送ではお受けできませんので、ご了承ください。

まとめ

  • 録音音声の送付方法は、インターネット利用または郵送(宅配便)で。
  • ネット上にあるファイル転送サービスで音声送付できます。
  • メール添付での音声送付は避けてほしい。
  • 郵便・宅配便での音声送付もお受けしています。
  • ICレコーダー本体の送付はなるべく避けてほしい。

佐藤編集事務所のテープ起こしサービスについて、まだ未確認あるいは詳しくお知りになりたい項目がありましたら、当サイト内で説明しておりますのでご参照ください。

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


テープ起こしの発注および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームからお願いいたします。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム