依頼

インタビューのテープ起こし | 業界No.1クラスの実績

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インタビューのテープ起こし依頼

大臣からアイドルまで、あらゆるインタビューを起こして30年! 出版社などメディア関係にもよく利用されている「サトーのテープ起こし」です。

今スグにテープ起こしを依頼したいという方はもちろん、今後のために情報収集しておきたいという方にも、読めば必ず役に立つ最新テープ起こし(文字起こし)案内です。

インタビューのテープ起こしについて

インタビュー案件に豊富な実績

会議、講演と並んで、テープ起こし(文字起こし)の3大録音シーンと言われるインタビュー。このインタビュー音声を文字化するテープ起こしに多年の実績をもつ専門事業所が、わたしども佐藤編集事務所です。

当事務所は今でこそ、あらゆる分野・業界の公的機関、大学、一般企業、個人事業主など多方面からご愛顧いただいております。しかし、開業当社は出版社などメディア関係や医療関係をメインに、インタビュー等のテープ起こしをお受けしておりました。

また、当事務所では雑誌・書籍編集にも長年携わってきており、自らインタビューを行い、テープ起こしをして、さらに記事作成まで行っています。その数だけでも相当数になりますから、インタビューのテープ起こしは質・量とも業界トップクラスです。

こんな方のインタビューを起こしています

インタビュー音声に登場する人物は、政治・行政関連では大臣、議員、首長など。大学関連では学長、研究者、学生など。医療関係では医師、看護師など医療従事者、院長、事務長、医療系教員・学生、患者、患者家族など。介護・福祉関係では、介護・福祉職、施設長、施設スタッフなど。

企業関連では、CEOなど企業トップ、幹部、研究職、一般社員など。芸能・スポーツ分野では、俳優、歌手、アイドル、プロ・アマの選手、指導者など。その他、さまざまな方がインタビューの対象者になり、そのお話をテープ起こししております。

インタビューのテープ起こし依頼方法

テープ起こし依頼手順

インタビューなど録音音声のテープ起こしを今すぐ依頼されたい方は、下記の手順にそって手続きしていただけましたら、スムーズにお申し込みできます。

  1. 起こし方(コース)を選ぶ
  2. 料金を確認する(見積依頼も可)
  3. 依頼フォームから申し込む

1~3について簡単に、下記で説明していますのでご参照ください。

なお、テープ起こし依頼後は、お客様から音声データを送っていただき、作業完了しましたらメール添付か郵送で原稿を納品します。お支払いは納品後の後払い(銀行振込)です。

起こし方(コース)を選ぶ

当事務所では、文字の起こし方によって、2つのテープ起こしコースがあります。

1つは「標準コース」で、音声を文字化して「あー」「えー」など言い淀みを取り除くケバ取りまで行う、一般的なテープ起こしです。基本料金は音声1分につき200円・税別です。

もう1つは「リライトコース」で、標準コースで起こした文書をより読みやすく整文(リライト)するコースです。基本料金は音声1分につき300円・税別です。

ご依頼時、起こし方について特にご希望がなければ、「標準コース」をお選びください。だいたい8割強のお客様が標準コースを選択されています。

なお、ケバ取りをしない起こし方である逐語起こし(素起こし)をご希望の場合は、「標準コース」を選択ください。

料金・納期を確認する

テープ起こしの料金は、録音分数に基本料金を掛けて計算します。くわしくは、「佐藤編集事務所のテープ起こし料金・納期の早見表」をご覧ください。おもな録音時間について料金と納期を一覧表にしてあります。

見積りを希望の場合は、次項で説明している「依頼フォーム」のメッセージ欄に「見積り希望」および録音時間と記していただくか、本ページの下にある「簡単!無料!テープ起こし見積り」からお申し込みください。

依頼フォームから申し込む

テープ起こしの依頼は、当HPに設置している依頼フォームからお申し込みできます。フォームに必要事項を記入のうえ、送信ください。

テープ起こし依頼フォーム

インタビューの録音について

インタビュー音声は録音場所がさまざま

インタビュー音声の録音状態は、テープ起こしした文書の品質を左右します。

たとえば、喫茶店で録音したインタビューを文字に起こそうと聞いてみたら、BGMや隣席の話し声が思ったより大きくて、肝心のインタビューがよく聞き取れなかった、といったこともあります。

インタビューというのは、大きなビルの静かな会議室で録音することもあれば、生活音が聞こえる一般家庭の居間、ざわついた飲食店、場合によっては屋外で行うこともあります。さまざまな録音場所がありますので、録音のクオリティが落ちないように注意が必要です。

素人でもできる録音のコツ

テープ起こしの対象となるインタビューを録るのは、ほとんどの場合、音響や録音に関しては素人の方です。

プロのような機材も技術もないなか、少しでも録音の質を高めるために、出来る限りの工夫や努力はしておきたいものです。

その具体的な方法や注意点については、下記の関連記事にまとめていますので、ご関心のある方はぜひご覧ください。

関連記事

本記事を読まれた方は、インタビューの録音に関する下記の記事も参考になります。

インタビューの録音|テープ起こしの録音場面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り

コメント

コメントを残す

*