お客様の声

大量のテープ起こしにも対応してくれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テープ起こしユーザーボイス

大学の研究などで、大量の録音音声をテープ起こしする必要が生じる場合があります。

今回のお客様の声は、科研費で大量案件のテープ起こし発注をされた大学勤務の研究者のコメントです。

「大量の音声にもかかわらず、迅速な対応に感謝です」

大学勤務 G様のコメント

「学内でテープ起こし業者を知らないかいろいろ尋ねたところ、貴社を紹介してもらいました。大量のインタビュー音声にもかかわらず、納期も急いでいただき、また予想以上に正確に起こしていただけたことに感謝します。

納品された文書を見たときは、こんなにあるのかと驚きましたね。あれだけのページ数になると、印刷してみたらけっこうな量で、このまま本が1冊できそうなぐらいです。

(科研費のことを質問すると)そうですね、科研費での支払いに対応してもらえるというのも、頼んだ理由の一つです。」

感想コメントの補足説明

大量の録音音声のテープ起こし

テープ起こし業者に外注される録音音声は、依頼元の分野・業界・業種などにより、非常に多岐にわたる内容のものが寄せられます。1本たりとも同じ話はありません。

音声の録音時間も同様に様々で、音声1本あたり数十分程度のものから3~4時間ぐらいの音声もあります。平均的には1本あたり1~2時間ぐらいの録音音声が多いです。

しかし例えば、20分のインタビュー音声50本とか、学会やシンポジウムで行われた複数の分科会の音声120分を10本とか、半年間にわたり開催されたセミナーの講義90分を全24回分とか、数がまとまることで大量になるテープ起こし案件もあります。

こうしたケースは、一遍に数十本の音声が届くことがあれば、数日から数週間、場合によっては数カ月にわたって続く大きな案件もあります。

このような大型案件は、テープ起こし業者のキャパによっては対応が難しい場合もありますので、スケジュール等について事前によく打ち合わせをされることをお勧めします。

テープ起こしから本をつくる

上記コメントに、テープ起こしした文章量を見たお客様が「本が1冊できそうなくらい」とおっしゃっています。

実際、出版社などテープ起こしした文書から書籍や雑誌を作成している依頼主は少なくありません。近年は、電子書籍などデジタルコンテンツの作成にも使われています。

さて、テープ起こしからの本作成について、もう少し具体的に見てみましょう。

文庫1冊に必要なテープ起こし原稿の量は

1時間の講演を文字に起こすと、18,000~20,000字くらいと言われています。文庫本1冊の文字数は本にもよるので一概には言えませんが、最低で10万字くらいのようです。

ですから、計算上は5~6時間分くらいの録音音声を文字に起こして原稿にすれば、やや薄めの文庫本1冊くらいになるということです。

ただし、話し言葉は無駄な部分が多いですし、内容的にも話のすべてをまるまる本にはできないでしょう。ですから、本当にテープ起こしから本を作るのであれば、計算上より多めに録音しておく必要があります。

大量案件は科研費の利用が多い

大学からのテープ起こし依頼でときどき見受けられるのが、科研費をはじめとする研究費補助金を利用してのお支払いです。

特に、大量の録音をテープ起こしする場合は、科研費等の利用率が高まります。テープ起こしを業者に頼む際には、科研費に対応してくれるか確認をとりましょう。

近年、大学などで研究に携わる方の研究費は減少傾向にあると言われています。日本は国際競争力が弱いとか、かつて技術立国と言われたが凋落著しいとか、いろいろ言われています。

私どもとしては研究費が潤沢になってテープ起こしの依頼が増えてくれれば尚可ですが、そうでなくても大学や研究者への研究費補助は、もっと手厚くしたほうがよいですね。

 

上掲の「お客様の声」は、佐藤編集事務所のテープ起こし(文字起こし)サービスを利用された方に、電話インタビューやアンケートで感想をお聞きした内容を編集し、依頼元の承諾を得て掲載しております。なお、記事冒頭に掲載の写真はイメージです。ご利用者本人ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り

コメントを残す

*