お客様の声

本一冊分の文字数になる大量原稿も、この方法なら簡単作成できます

  • LINEで送る
文字起こしから本一冊分の原稿を作成

大学の研究や調査会社のなどの案件で、大量の録音音声をテープ起こし(文字起こし)する必要が生じる場合があります。今回のお客様の声は、科研費で大量のテープ起こし発注をされた大学勤務の研究者のコメントです。

長時間・大型案件の文字起こしご依頼者の声

「大量の音声にもかかわらず、迅速な対応に感謝です」

大学勤務 G様のコメント

「学内でテープ起こし業者を知らないかいろいろ尋ねたところ、貴社を紹介してもらいました。大量のインタビュー音声にもかかわらず、納期も急いでいただき、また予想以上に正確に起こしていただけたことに感謝します。

納品された文書を見たときは、こんなにあるのかと驚きましたね。あれだけのページ数・文字数になると、印刷してみたらけっこうな量で、このまま本が1冊できそうなぐらいです。急いで本をつくりたい人なんかは、自分で書くよりこの方法のほうが簡単で早いんじゃないですか。

(科研費のことを質問すると)そうですね、科研費での支払いに対応してもらえるというのも、頼んだ理由の一つです。」

という感想コメントをいただきました。以下は、当事務所からの補足説明になります。

大量の録音音声のテープ起こし・文字起こし

テープ起こし業者に外注される録音音声は、ご依頼者の分野・業界・業種などにより、非常に多岐にわたる内容のものが寄せられます。当然ながら1本たりとも同じ内容の話などありません。

音声の録音時間も同様に様々で、音声1本あたり数分程度のものから3~4時間ぐらいの音声もあります。平均的には1本あたり1~2時間ぐらいの録音音声が多いです

しかし例えば、研究調査で行われた10~20分のインタビュー音声100本とか、学会やシンポジウムで行われた複数の分科会の音声120分を10本とか、半年間にわたり開催されたセミナーの講義90分を全24回分とか、数がまとまることで大量になるテープ起こし・文字起こし案件もあります。

こうしたケースでは、一遍に数十本の音声が届くこともあれば、数日から数週間、数カ月、場合によっては数年にわたって続く大きな案件もあります

このような大型案件は、当事務所でもときどきお受けすることがありますが、テープ起こし業者のキャパによっては対応が難しい場合もあります。また、年末年始や年度末などは繁忙期になりますから、スケジュール等について事前によく打ち合わせをされることをお勧めします。

テープ起こし・文字起こしから本をつくる

上記コメントでは、テープ起こし・文字起こしした文章量を見たお客様が「本が1冊できそうなくらい」と驚いておっしゃっています。

実際、出版社など、テープ起こしした文書から書籍や雑誌記事を作成している依頼主は少なくありません。紙の本だけでなく、電子書籍やホームページの記事など、デジタルコンテンツの作成にもよく使われています。

また近年は、オンライン上で録音・録画されたインタビューや座談会から本やデジタルコンテンツをつくるケースも多くなっています。

テープ起こし・文字起こししたテキストから本などを作成することについて、もう少し具体的に見てみましょう。

文庫1冊に必要な文字数ってどのくらい?

1時間の講演を文字に起こすと、16,000~20,000字くらいと言われています。文庫本1冊の文字数は本にもよるので一概には言えませんが、最低で10万字くらいのようです。

ですから、計算上は5~6時間強の録音音声を文字に起こして原稿にすれば、やや薄めの文庫本1冊くらいになるということです。

ただ、私ども佐藤編集事務所でも何度かテープ起こし・文字起こしから本を作ったことがありますが、5~6時間の録音音声ですと、本1冊にするには物足りない印象があります。

というのも、話し言葉は文字に起こしてみると、けっこう無駄な部分が多いものです。また、同じような話を繰り返したり、人によっては重要でないことを延々と話していたりします

パワーポイントを使った講演などは、筋書どおりに話していくので比較的に無駄な部分が少なくなりますが、それでもやはり、そのまま本にできることはないでしょう。

ですから、なるべく加筆せずに、テープ起こし・文字起こししたテキストを主体にして本を作るのであれば、計算上より多めに録音しておく必要があります。

新書、ビジネス書、ライトノベルの文字数

文庫本の文字数について前述したので、新書、ビジネス書、ライトノベルの文字数も調べてみました。これも何文字と決まっているわけではないので、あくまで参考にということでご覧ください。

  • 新書は8万字~12万字
  • ビジネス書は8万字~12万字
  • ライトノベルは5万字~10万字

ライトノベル・小説は、短編なら5万字以下もありますし、逆に長編なら10万字どころか20万字以上もありますし、作品によってだいぶ差はありますね。

佐藤編集事務所のテープ起こし・文字起こしサービス

私ども佐藤編集事務所はテープ起こし(文字起こし)の専門業者です。大量音声の案件にも対応しておりますので、文字化されたい録音音声または動画がありましたら、いつでもお問い合せください。

佐藤編集事務所のテープ起こし(文字起こし)の関連情報について、依頼から納品までの流れ、料金、見積り、依頼方法などのサービス内容を、サイト内でくわしく説明しております。また、サイトHOMEからも各ページへのリンクを掲載しておりますので、よろしければご覧ください。

今スグにテープ起こし・文字起こしを依頼するには

下記にもテープ起こし(文字起こし)のご依頼、無料見積りのご案内を掲載しております。お申込みフォームへ直結しているリンクボタンもありますので、発注やお見積りをお急ぎの方はご参照ください。

まとめ

「本が1冊できそうなぐらいの文字量ですね」。これは大量のインタビュー音声のテープ起こし(文字起こし)を、当事務所に依頼されたお客様のコメントです。

例えば、録音1時間の話を文字に起こすと、18,000~20,000字くらいにはなります。文庫本1冊の文字数は本にもよりますが最低10万字くらいですから、計算上は5~6時間の話を文字に起こせば、本ができるということです。

10万字というと、400字詰め原稿用紙で250枚になります。これだけの大量原稿を、ふだん文章を書き慣れていない方が書こうと思ったら大変な作業ですよね。

実際、録音音声を文字化した大量の原稿をもとに、本の出版や記事作成をされる方も少なくありません。じつは当事務所が文字に起こした原稿から書籍化された本も、書店に並んでいることがあります。

  • LINEで送る

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


テープ起こしの発注および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームからお願いいたします。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください