活用法

本・電子書籍・ブログ・記事のスピード作成に文字起こし活用を

  • LINEで送る
テープ起こしの利用が多い出版・メディア業界

急いで定期刊行物やブログの記事を仕上げたい、執筆が苦手な著者の本を発行したい、早く、しかも低予算で電子書籍を作成したい。こうしたご要望にすべて応えるのが、文字起こしを活用した原稿作成です。著者が文章をワープロで打ったり、原稿用紙に書いていたのでは、めまぐるしい現代のスピード感についていけないことも多くなっています。

実際、当事務所の文字起こしサービスを利用して、多くの出版物や電子コンテンツが作成されています。また、出版とは直接関係のない企業や個人事業主も、この方法で印刷物や電子書籍を作成し、新たなビジネスチャンスへとつなげている例もふえています。

佐藤編集事務所が音声からの書籍化・記事化をサポート

各種原稿や記事作成の時間を省力化できる

出版社からはテープ起こし・文字起こし依頼が多い

私ども佐藤編集事務所では、創業当時からマスコミ業界のお客様が多く、中でも出版関係の会社から文字起こしをよくご利用いただいております。

出版社など本や雑誌をはじめとする各種印刷物を数多く発行・制作している会社にとって、編集制作過程で録音した音声の文字化が必要になるケースは、決して少なくありません。

もちろん、著者やライターがゼロからすべての原稿を書く場合も多いですが、文字起こしを利用して原稿の元にする方法も珍しいことではないです。

講演や対談を起こして本や記事を作成

例えば、講演や対談の文字起こし原稿をもとに作られる本や雑誌記事もありますし、本の全てまたは一部分を著者に執筆ではなく語ってもらい、その話を録音して文字に起こし元原稿にすることもあります。

タレント本などゴーストライターが介在したりする場合は、こうした文字起こしを使った制作方法がよく用いられます。

どのように文字起こしを活用するかはケースバイケースになり、作成される媒体や記事は多種多様です。

デジタルコンテンツ作成にも文字起こしを活用

紙媒体は減少、デジタル媒体は増加

また近年は、紙の媒体だけでなく、電子書籍やホームページなどデジタルコンテンツの作成にも文字起こしは活用され、当事務所でも急速に依頼がふえています。

デジタルコンテンツの特徴としては、録音が終わって文字起こしをして、ホームページや電子書籍として公開されるまでのスピードが、紙の媒体に比べて圧倒的に速いことです。

紙媒体の編集制作や印刷工程は、良くも悪くも職人的な仕事になりますが、デジタル媒体は編集や印刷のいわゆるプロでなくても、比較的簡単に作成することが可能です。

マーケティングにも文字起こしが役立つ

メルマガがマーケテイング手法として注目された頃は、メルマガ作成に文字起こしが利用されたりしました。

例えば、当事務所が実際に受けた案件ですが、数回分の講習会の録音を文字起こしして、その原稿を小分けにしてメルマガを作成し1年間配信する、といった事例もあります。

ブログが流行った頃も、企業ブログやアフィリエイトブログの記事作成に、文字起こしを利用するお客様もいらっしゃいました。

最近はSNSでの情報発信が多くなりましたが、やはり文章量が少ないためか、文字起こしはあまり利用されないですね。

また、企業のホームページでは、既存のカタログをそのままサイトにしたようなものではなく、近年はコンテンツマーケティングを戦略的に取り入れたwebサイトもふえています。そこで、長文記事など中身の濃いコンテンツ作成に、文字起こしを利用するケースもよくあります。

短期間に大量の記事をアップするサイトなども珍しくなく、そんなときは文字起こしが役立つというわけです。ただ、検索エンジン対策として一時期はとにかく長文がいいと言われていましたが、今は記事の量よりも質が重要になっています。

電子書籍を文字起こしから作成

電子書籍に関しては、既存の出版社が本格参入し始めて、これから大きなマーケットになると数年前から言われています。しかし、伸びてはいるものの、成長率は今一つという感じです。

特に、文字起こしと関連があるテキストベースの電子書籍は、既存の紙本の電子化はあるものの、新規に電子書籍作成というのはまだ少ない印象です。

文字起こしを利用することで、電子書籍を驚くほど速く、安く、簡単に作成することが可能ですから、今後のさらなる活用が期待されます。

出版ノウハウのない中小企業にもチャンス

むしろ、既存の出版社よりも、これまで出版のノウハウがなかった企業や、出版予算が取れなかった中小企業が、紙媒体より安価で簡単にできるデジタルの書籍やマーケティングツールなどを、積極的に作成する傾向も見られます。

たとえば、「(紙の)本を作るのは大変だしお金もかかるけど、電子書籍なら社長の話を文字起こしして簡単に作れるよ」といった、中小企業や個人事業主は結構増えています。

マスコミ業界だけでなく、中小企業や個人事業主においても、文字起こしをベースに作成したデジタルコンテンツを用いたマーケティングなどは、まだまだ可能性がありそうですね。

佐藤編集事務所への文字起こし依頼について

私ども佐藤編集事務所は、出版・メディア業界はじめ、全国から文字起こし(テープ起こし)をお受けしています。30年以上にわたり、多くの出版社などからご愛顧いただいている専門業者になります。

依頼から納品までの流れ、料金、見積り、お申込みフォームなどのテープ起こし・文字起こしサービスについては、こちらのページでご覧いただけます。

すぐに書き起こしされたい録音音声データがございましたら、ぜひご検討いただけますよう、お願い申し上げます。

関連記事

テープ起こし・文字起こしの活用法について、関連する記事をご案内いたします。

  • LINEで送る

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


テープ起こしの発注および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームからお願いいたします。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム