テープ起こし-関連情報

コンテンツSEO・説得力ある長文記事の作成に文字起こしの活用を

自社の商品やサービスの販促に、従来の広告が効かなくなくなってきた、検索からのアクセスが増えるような良質なコンテンツを作成したい。多くの企業や個人事業主から、そんな声が聞かれるようになって久しいです。

そんな中、録音音声をテープ起こし(文字起こし)した文書をもとに、販促用の冊子、記事、デジタルコンテンツを作成し、マーケティングやSEOに活用する方法を試みる事業者がふえています。特に、予算が限られている中小の企業や個人事業主などに多く、実際に成果を出しているケースもあるようです。

それでは、文字起こし(テープ起こし)した原稿はどんな商品やサービスのツール作成に向いているのか、そのヒントとなる情報をお伝えします。

コンテンツマーケティングやSEOに文字起こしを利用

録音音声を起こして原稿にすれば簡単

コンテンツSEOに文字起こしの活用を

サイトのSEOを行う際、記事を量産、あるいは文章量(文字数)を増やし長文にするために、文字起こしを利用される方が、以前はよくいらっしゃいました。

確かに、いわゆる長文SEOといった目的にも、文字起こしは大いに役立ちます。ただ、現在のコンテンツSEOにおいては、長文であることよりも、記事などコンテンツの質が重視されているようです。

じつは文字起こしは、適切な話者を見つけ話を聞く(録音する)ことができれば、オリジナリティや説得力がある、質の高いコンテンツの作成に役立ちます。

ご自身や自社内の数人で記事執筆をしていると、どうしても似たような話を同じようなワードを使って書いた記事に偏りがちで、やはりSEOで成果を出すには限界があります。

かと言って、大きな会社で予算も潤沢でなければ、オリジナリティがあり質の高い記事を外注するのはなかなか難しいものです。しかし、話を聞かせて(録音させて)もらうだけなら、ハードルはぐんと下がります。

コンテンツSEOで現状打破を望まれているのであれば、録音音声からの文字起こし活用をご検討されてみてはいかがでしょうか。とくに、中小企業や予算が取れないプロジェクト、あるいは個人事業主の方にこの方法をおすすめします。

コンテンツマーケティングのツール作成に役立つ

商品やサービスの販売促進を行う上で、まとまった文章量がある冊子やデジタルコンテンツを利用し成功している事業者がふえています。

特に、顧客が欲しい情報を提供するインバウンドマーケティング、すなわちコンテンツマーケティングにおいて、文章量のある冊子や記事やデジタルコンテンツは有効になります

こうしたボリュームのある冊子や記事やデジタルコンテンツのもとになる原稿は、内製するには手間ですし、かといって外注すると費用がかかるし、ゼロから作成するのはけっこう大変です。

そこで役立つのが文字起こし(テープ起こし)です。インタビューや講演などの録音音声を文字起こし(テープ起こし)した文書をベースにすることで、簡単・迅速・低価格で原稿作成することができます。

説得力のある長文コンテンツの作成に

しかし、冊子や記事やデジタルコンテンツさえ作成すれば、どんな業種の商品・サービスでも売り上げが簡単にアップするかというと、そう単純なわけではありません。やはり冊子やデジタルコンテンツの効果が出やすい商品・サービスと、そうでないものがあります。

文章量がある冊子や記事やデジタルコンテンツは、くわしく、深く、ていねいに情報を伝えるような、説得力が求められるツールとして向いています。

ですから、お客様が「なるほど」と納得できる、あるいは安心して購入できるといったことが、判断基準となる商品・サービスに効果が出やすいのです。

それでは、文字起こし(テープ起こし)による原稿作成に向いている商品・サービスについて、一つずつ説明していきます。

様々な商品・サービスのツール作成ポイント

内容がわかりにくい商品・サービス

これはお客様の知識にもよりますが、くわしい説明を聞かないと内容がわからない商品・サービスは、文字起こし(テープ起こし)から作成した冊子や記事やデジタルコンテンツなどのツールが大変有効になります

たとえば生命保険や金融関連商品などは代表的な例です。ほかにも、商品自体はよく知られていても、人によってはまったく知識のない、わかりにくいものがあります。

一眼レフのカメラなどは、その一例と言えるでしょう。使い慣れた人にとっては、基本的な説明は不要なばかりか、むしろ迷惑かもしれません。

しかし、初めて一眼レフのカメラを購入する方には、カメラの特徴、選び方、使い方、撮影方法などを、懇切丁寧に説明したほうが喜ばれたりします。ですから、くわしく説明ができる小冊子やデジタルコンテンツが、効果を発揮することはいうまでもありません。

わかりにくい商品・サービスのツール作成にあたっては、注意点もあります。作成者はその商品やサービスに関する専門知識が豊富なため、ついつい小難しい内容になったり、取扱説明書のような事務的な内容になったりしやすい点です。

商品知識のない方に途中で原稿を見てもらうなどして、ひとりよがりな内容にならないよう気を付けるとよいでしょう。

高額な商品・サービス

文字起こし(テープ起こし)した原稿をもとに作成する冊子や記事やデジタルコンテンツなどのツール、次は高額な商品・サービスについてです。

高額な商品・サービスを購入しようとするときは、誰もが慎重になるものです。まして、住宅や結婚式など、人生で何度も購入することがないような商品・サービスであれば、尚のことです。

高額な商品・サービスの多くは、選択の失敗がゆるされないものといえます。それは単に値段が高いというだけでなく、人生の成功や幸福をも左右しかねないものだからです。家を建てるのに「雨風がしのげればなんでもいいや」と、何のこだわりもなく安易に建てたり購入したりする人は、現代社会ではまずいません。

ですから、信用できる相手から安心して購入したいという心理は、高額な商品・サービスの場合は一層強くなります。

じっくり検討して十分に納得することを求められるので、情報の質はもちろん、ある程度の情報量もあったほうが説得力は増すでしょう。そのため、文字起こし(テープ起こし)原稿から作成した冊子やデジタルコンテンツを、有効活用しやすいといえます。

こだわりのある商品・サービス

文字起こし(テープ起こし)した原稿をもとに作成する冊子や記事やデジタルコンテンツなどのツール、次はこだわりのある商品・サービスについてです。

商品・サービスの中には、売り手や開発者に強いこだわりのあるものも少なくありません。独自の製法、工夫、材料、なかには特許をとっている場合もあるでしょう

マーケティングの世界でもよく言われますが、どんなに良いものでも顧客にその良さが伝わらなければ存在しないのと同じです。素人目には普通の食パンが、その製法や材料へのこだわりを店主から聞いたり、さらに実際に食べた人の感想を聞いて、これは絶対に食べてみたいと思ったりします。

ですから、こだわりの商品・サービスは、文字起こし(テープ起こし)から作成した冊子やデジタルコンテンツが、大きな力になってくれるはずです。

悩みやコンプレックスを解決する商品・サービス

文字起こし(テープ起こし)した原稿をもとに作成する冊子やデジタルコンテンツなどのツール、次は悩み解決の商品・サービスについてです。

ひとくちに悩みやコンプレックスといってもいろいろあります。ここではコンテンツマーケティングの商品・サービスとして、実際によく対象になることが多い、美容や身体に関連する悩みやコンプレックスに絞りたいと思います。

肥満、薄毛、シワ、シミ、体臭など身体に関する悩み、もっと美しくなりたいと願う美容整形、近視を改善したい、歯並びを治したいなど、身体に限っても人の悩みやコンプレックスは本当に多種多様です。

これらは当人にとっては、きわめて深刻な問題であることも少なくありません。したがって、解決や解消法を真剣に求めており、説得力のある冊子やデジタルコンテンツが活かしやすい分野です

また、こうした悩みやコンプレックスは、他人には相談しにくい問題ですから、文字起こし(テープ起こし)から作成するツールのように、一人で読めて情報収集できるものが効果的といえます。

コンサルティングに関連する業務

文字起こし(テープ起こし)した原稿をもとに作成する冊子や記事やデジタルコンテンツなどのツール、次はコンサルティング等の業務についてです。

弁護士、税理士、行政書士など、いわゆる士業と呼ばれる職業など、コンサルティングや指導・アドバイスを行うような業務では、信用を得ることが重要になります

また、職業名だけでは同業者との差別化が難しい面もあります。「ぜひ、あの先生にお願いしたい」と顧客に思っていただくためには、自己アピールも必要になります。

そこで、自身の得意分野などに関連する内容の冊子やデジタルコンテンツを文字起こし(テープ起こし)原稿から作成することで、クライアントや見込み客を集める手立てとするとことができます。

読み物系ツールを活かす2ステップのマーケティング

文字起こし(テープ起こし)した原稿から作成した冊子や記事やデジタルコンテンツの効果的な活用について、具体的にどんな商品・サービスに向いているかをここまで見てきました。こうした情報量の多い読み物系のツールは、たとえば以下のような2ステップのマーケティングで利用されているようです。

ステップ1―見込み客を集める

最初のステップは、冊子やデジタルコンテンツに興味をもった人に、「ほしい!」と手を挙げてもらうことが目的になります。

まずは、いきなり商品やサービスを購入させるのではなく、関心を持ってもらいます。つまり、最初のステップは見込み客の獲得ということです

文字起こし(テープ起こし)原稿から作成した冊子やデジタルコンテンツを、自社の商品・サービスに関心のある人に配布したり、ホームページ上で読んだりダウンロードできるようにして、見込み客を集めます。

言葉は適切ではないかもしれませんが、冊子やデジタルコンテンツを、見込み客集めのエサにするということですね。

見込み客を集めるときには、できるだけ企業色や宣伝臭さを排して、商品・サービスの売り込みをしないのが、文字起こし(テープ起こし)原稿からツールを作成する際のコツになるようです。

ステップ2―見込み客を顧客にする

次のステップは、見込み客を顧客化していく段階です。いわゆるセットアップになります。このステップにおいても文字起こし(テープ起こし)原稿から作成した冊子やデジタルコンテンツを活用することができます。

最初のステップでは宣伝臭さを排除することがツール作成のコツと書きました。しかし、顧客になってもらうためには購入してもらう必要がありますから、この第2ステップでは商品・サービスに関連する情報も伝えることになります

このとき、マーケティングでよく行われるのは、集めた見込み客に対してビジネスレター、商品パンフレット、注文書、特典のオファーなどをセットにして送る方法です。あるいは、営業の電話や訪問のアポ取りといった流れになります。

さらに、ここでもあらたなツールを使えば、さらに販促効果を高めることが可能です。そのためにお勧めするのが、商品愛用者などのユーザーボイスやFAQです。とくにユーザーボイスは強力なツールになるといわれていますので、もう少しくわしく説明します。

説得力あるユーザーボイスを作成する

ユーザーボイスとはご存知の通り、商品購入者やサービス利用者の声です。文字起こし(テープ起こし)のご依頼者の中にも、顧客の声を文字に起こしてビジネスに活用されている方は実際多いです。

「お客様の声ならもう、とっくに使っているよ」といわれる方も少なくないでしょう。しかしそれらは、表面的な内容で、文字数も少なめのコメントが多くないでしょうか。それをパンフレットやチラシの片隅に載せたり、ホームページにちょっと載せたりしますね。

でも、これでは残念ながら見込み客の心を動かし、購入への行動を促すにはパワー不足といわざるを得ません。文字起こし(テープ起こし)から作成するユーザーボイスは、もっと深く、熱く、説得力のあるものにしたいものです

ありきたりな短いコメントを並べるよれも、たとえ長文になってもしっかりと読み応えのある内容のほうがよいという意見は、企業のマーケティング担当者からよく耳にします。

長文のユーザーボイスだと「読まれないのでは?」という懸念が必ず出ます。たしかに、長い文章を読むのが面倒であることは否定できません。

しかし、100人の見込み客がインパクトのないコメントを読んでくれるよりも、たとえ2人でも3人でも長文のユーザーボイスを読んでくれるほうが、結果としては購入に結び付く確率が高いともいわれています。

コンテンツマーケティング(インバウンドマーケティング)の効果が、近年ますます注目されています。テープ起こし(文字起こし)した原稿は、パワフルで内容の濃いツールの作成に役立つものです。ぜひ積極的にご活用ください。

文字起こし専門・佐藤編集事務所について

私ども佐藤編集事務所は、録音音声をテキスト化する文字起こし(テープ起こし)サービスをご提供することで、皆さまのコンテンツマーケティングをサポートている専門オフィスです。

文字起こし(テープ起こし)はご自身で行ってみると、想像以上に時間と手間を要する作業になります。特に、日常の業務でお忙しい方にとっては、テープ起こし(文字起こし)に時間を割けるような余裕はないのが実情だと思います。

ですから、お客様にとって優先度の高いお仕事、たとえばコンテンツマーケティングなどに取り組んでいただくためにも、テープ起こし(文字起こし)は専門業者にお任せください。

もちろん、佐藤編集事務所でもお受けすることができますので、いつでもご依頼またはご相談くださいますようご案内申し上げます。

当サイトのHOMEから、コース、文字の起こし方、料金、依頼方法など、文字起こし(テープ起こし)のサービスに関するページをご覧いただけます。

HOME:テープ起こし・文字起こし専門の佐藤編集事務所

また、本ページの下記にも、文字起こし(テープ起こし)の発注、無料見積のご案内を掲載しております。お急ぎの方は、こちらからもお申込みいただけます。

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


テープ起こしの発注および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームからお願いいたします。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム