文書作成について

Word文書の書式について教えてほしい

テープ起こし・文字起こしの作業により作成したWord(ワード)文書は、どのような書式になるのか、というご質問にお答えします。なお、ここでご説明する書式は当事務所で採用しているものです。

文書作成について

Q.Word文書の書式について教えてほしい。

A.ご質問への回答

Word(ワード)文書の書式設定は、用紙はA4サイズ、フォントはMS明朝、文字の大きさは10.5ポイント、行数は36行程度、1行の文字数は40字程度、横書きです。

テープ起こしを行う際の文書作成ソフトは、Wordを使用しています。当事務所ではWord文書の既定の書式設定を、ほぼ変えずにそのまま使用しています。もしかすると、Wordの既定のフォントが游明朝の方もいらっしゃるかもしれませんが、当事務所ではMS明朝を既定のフォントにしております。

お客様から書式の指定がある場合は、可能な限りご希望に沿って文書作成いたします。ただし、複雑あるいは高度な書式設定には対応できない場合もありますので、ご了承ください。

なお、特にご指定がなければ通常はWordで文書作成しておりますが、Excelでの文書作成もご希望があればお引き受けしています。また、テキスト形式にしての納品などにも対応可能です。

会話形式のWord文書について

テープ起こし・文字起こしにおいては、講演・講義のように1人でしゃべっているような音声もありますし、複数の話者が登場する会議やインタビューなど会話形式の音声もあります。正確に調べたことはありませんが、当事務所ですと8割程度が会話形式の音声になります。

会話形式の場合のWord文書は、各発言の冒頭に話者名(苗字やA、Bなど記号)、全角スペースを空け、発言本文つまり起こした文章を記していきます。

実際のWord文書ではないので若干仕上がりのイメージが異なりますが、だいたい下記の文書作成例のような感じになります。

文書作成例

A それでは、これからインタビューを開始します。本日は、よろしくお願いいたします。

B こちらこそ、よろしくお願いします。

A 今のお仕事を始められたのは、何年ぐらい前からでしょうか。

B 大学を卒業して10年ほど会社勤めをした後に独立しましたから、15年ほど前になります。

通常、発言と発言の間は1行空けています。上記の文書例ですと、当事務所の書式で作成したWord文書に比べて、やや行間が広い印象です。ただし、お客様からご希望があれば、行を空けずに文書作成することも可能です。

また、Word文書は横書きになります。ご希望があれば縦書きにすることもできますが、縦書きで納品を希望されたお客様はここ数年いらっしゃらなかったと思います。たまに、納品したWord文書を縦書きの印刷物にする都合から、数字の表記などを指定されてこられるお客様はいらっしゃいます。

■関連するFAQ

文書作成について関連する質問の回答は、下記リンク先のページでご覧いただけます。

Excelでの文書作成は頼めますか
Word文書の書式を指定することは可能ですか
・Word文書の書式について教えてほしい(本ページの記事)
テープ起こし文書は、どんなソフトを使って作成しますか

テープ起こしFAQの一覧

▼下記にテープ起こしご依頼・無料見積りのご案内を掲載しております。お申込みフォームに直結していますので、お急ぎの方はこちらをご覧ください。

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


ご依頼および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームへ。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム

コメント

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください