文字の起こし方(コース)

「ケバ取り」とは、どのような作業ですか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

録音音声から文字化する際に欠かせない「ケバ取り」について、どのような作業なのかというご質問にお答えします。文字の起こし方に関するテープ起こしFAQ。

文字の起こし方「ケバ取り」について

Q.「ケバ取り」とは、どのような作業ですか。

A.ご質問への回答

話の内容と明らかに関係のない「あー」「えー」といった意味のない語や言い間違えなどの不要箇所(ケバ)を、削除・修正する作業を「ケバ取り」と言います。

通常、テープ起こし(文字起こし)の作業においては、ケバ取りまで行うのが一般的です。当事務所でも、標準コースのテープ起こしはケバ取りまで行います。

ケバ取りまで行う標準コースの料金は、音声1分あたり200円(税別)です。

ケバ取りの具体例

話者にもよりますが、どうしても人が話した言葉というのは、話の内容とまったく関係のない不要箇所(ケバ)が多くなりがちです。そこで音声を文書化する際に必要となるのが「ケバ取り」です。

ケバ取りの正確な定義というのはありませんが、起こした文書に対して以下のような文書処理作業を行います。

  • 発言の冒頭に思わず出る「あー」「えー」など、意味を持たない言葉や声を削除する。
  • 発言中や会話を聞いているときの「ああ」「あのー」「うーん」など、感動、応答などを表す言葉や声を削除する。
  • 会話中に「はい、はい」「そう、そう、そう、そう…」など、過剰に打たれる相槌や無意味な繰り返しを削除する。
  • 「や、やっぱり」「まぁ・・・」など、つっかえ、言い淀み、言葉の噛みを削除・修正する。
  • 「さと、いや斉藤さん」など、明らかな言い間違え、とちりを削除・修正する。

テープ起こしにおけるケバ取りについて、より詳しく知りたい方は、下記のページもご参照ください。

起こした文章を読みやすくする「ケバ取り」作業

ケバ取りをあえてしない起こし方

テープ起こしにおいては、あえてケバ取りをしない起こし方もあります。このようなまったくケバ取りしないで、聞こえたままに文字を起こす方法を「逐語起こし」(ちくごおこし)と言います。会話分析など研究用として用いられることが多いです。

当事務所へテープ起こしをご依頼いただく際、逐語起こしをご希望の場合はご依頼フォームの「標準コース」を選択のうえ、備考欄に「逐語起こし希望」とご記入ください。料金は、標準コースと同額(200円/分)です。

■文字の起こし方やコースに関連する質問

文字の起こし方やコースについてのFAQをご案内します。くわしい内容はリンク先の各ページをご参照ください。

逐語起こし(素起こし)を頼むことはできますか

「ケバ取り」とは、どのような作業ですか(本ページの記事)

「リライトコース」について、起こし方や料金を知りたい

「標準コース」について、起こし方や料金を知りたい

テープ起こしのコースについて教えてほしい

 

テープ起こしFAQ一覧はこちら

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り

コメント

コメントを残す

*