テープ起こしの在宅ワーク

テープ起こし・データ入力の仕事はきつい?

テープ起こしライターの仕事はきつい

独りで黙々と、長時間にわたり文字入力を続けるテープ起こし(データ入力)作業。単調な作業やデスクワークが苦手な方には、非常につらい仕事です。特に、テープ起こしライターを目指す方は、適性の有無をよく見極めてから始めたほうがよいでしょう。

テープ起こし・データ入力者の適性について

長時間にわたる単調な仕事です

テープ起こし・データ入力に欠かせない「忍耐強さ」

音声を文字化するテープ起こし・データ入力を行う上では、大量の文字を速く正確に入力するタイピングの技能、録音された音声を正しく聞き取り文章化する能力などが必要とされます。

このほかに、テープ起こし・データ入力の作業と直接的には関係ありませんが、作業者の適性として求められる重要な要素があります。

それは、長時間の作業を続けられる忍耐強さです。「なんだ精神論か」と言われそうですが、テープ起こし・データ入力をやったことのある方でしたら、納得いただけるのではないでしょうか。

興味のない話もひたすら聞き続ける

データ入力のひとつといえるテープ起こしは、録音された人の話(音声)を聞き取りながら、パソコンで文字を打ち込んでいく仕事です。作業としてはきわめて単調なものといえます。

しかも、聞こえてくる音声は専門的で難しい話だったり、作業者にはまったく関心のない話題だったりすることがほとんどです。中には興味深い話のときもありますが、どんな音声であっても行っている作業自体は基本的に変わりありません。

テープ起こしの作業は、音声を聞いてひたすら文字を打っているわけです。ただ文字を打つだけでも長時間の作業はしんどいものですが、集中して音声も聞いているので、ストレスも溜まりますし、心身とも余計に疲労します。リラックスして音楽を聴いているのとは違います。

さらに、仕事としてテープ起こしを行う専門ライターとなれば、1~2日のあいだ頑張って作業すれば終わりではなく、来る日も来る日もパソコンの前に座ってテープ起こし作業をすることになります。これは「忍耐強さ」という適性がなければ、とてもではないですが続かない仕事です。

テープ起こし・データ入力は孤独な作業

テープ起こし・データ入力の作業を行う環境は、勤務先や在宅ワークなど人によって異なると思います。

しかしいずれにしろ、テープ起こしなら音声を聞くためにヘッドホンやイヤホンをして外界と遮断していますし、音声を聞かないデータ入力であっても、パソコンの前に座ってひたすら作業することになります。

特に在宅やSOHOの専門ライターであれば、室内には自分以外は誰もいないこともあります。外界とのコミュニケーションを断って独りで作業をするというのは、孤独なものです。人によってはうつ気味になったり、精神的に落ち込んでしまったりします。

なかには一年中、独りでテープ起こし・データ入力していても全く苦にならない、むしろ快適だという方もいます。このような方はテープ起こし・データ入力の作業者としてかなり適性があると言えます。

逆に、外交的で人と会ったり話したりコミュニケーションを取るのが好き、出歩いたり動き回ったりする仕事がこれまで多かった、長時間のデスクワークは苦手という方は、単発のテープ起こし・データ入力ならともかく、毎日毎日、仕事として行う専門の作業者には向いていないでしょう。

テープ起こし・データ入力の作業者を目指す前に

現実逃避でテープ起こしを選んでいないか

在宅のテープ起こし・データ入力の作業者は前述したとおり、外界と遮断された環境で仕事をすることになります。

なかには、会社勤めをしていて人間関係のもつれや、働きすぎで心身ともに疲れ切ってしまった方などが、現実から逃避するようにテープ起こし・データ入力の仕事を求められることもあります。

無論、職業選択は個人の自由です。しかし、テープ起こし・データ入力を始めることでますます人と会ったり話したりする機会が減少するので、人によってはかえって気が滅入ってしまうこともあります。

ですから、現状のつらい状況を脱したい、なんとか変えたいという思いが強くてテープ起こし・データ入力に興味を持たれた方は、本当にこの仕事でいいのか、自分には続けられるか、冷静になってよく考えてみることをお勧めします。

特にテープ起こし・データ入力の仕事は、資格も必要ではないですし、特殊な技能を習得する必要もありません。タイピングのスキルがあって、インターネットにつながるパソコンがあれば、とりあえず始めることができます。

つまり、比較的かんたんに、あまりお金もかけずに飛び込める世界といえます。それだけに、安易に始めて失敗してしまわないようにしたいものです。

適性があるだけでは不十分

最後に付け加えると、作業に対する忍耐力などの適性やタイピングのスキルがあったとしても、テープ起こし・データ入力の作業者になってすぐに仕事があるかどうかは別問題です。

「それじゃあ結局、適性があってもダメじゃないか」と言われるかもしれませんが、現実を言えばその通りです。テープ起こし・データ入力の仕事に「向いている」のと、「稼げる」のとは異なります。

絵を描くのが好きで、絵なら何時間でも何日でも描き続けられるし、大抵の人よりは上手に描けるという人がいます。でも、その人がプロの絵描きや漫画家になってすぐ稼げるかといったら、これはまた別問題ですよね。

まず、自分にテープ起こし・データ入力を続けられるような適性があるかどうか見極める、その上でビジネスとして軌道に乗せるための努力も忘れてはならないということです。

■関連記事

テープ起こしの在宅ワークやライターに関する記事をご案内します。

テープ起こしライター初心者のタイピング上達法
在宅のテープ起こしに向いているか-21のチェック項目
初心者が在宅ワークでテープ起こしを始めるには
テープ起こし・データ入力の仕事はきつい?
テープ起こしライターに必要な「耳の良さ」とは
テープ起こし・在宅ワークの必須技能と言えばタイピング

私ども佐藤編集事務所ではテープ起こしを在宅ワークで行っていただけるスタッフを募集しております。くわしくは、下記のページをご参照ください。

テープ起こしライター募集

コメント

Comments are closed.