テープ起こしの在宅ワーク

副業・内職-自宅でできる文字起こし・データ入力が人気

自宅でできる副業や、パソコンを使ってできる内職として、文字起こし(テープ起こし)やデータ入力をしてみたい。そんな方のために、この仕事の現状をよく知る文字起こし専門オフィスのスタッフが、役立つ情報をご提供します。

副業・内職におすすめの仕事

自宅で仕事をする機会がふえている

働き方改革が進むなか、本業のほかにも副業をもったり、内職やバイトで稼ぎたいという方がふえています。

さらに昨今は、新型コロナウイルスの影響も大きいです。会社の業績不振で給料が減ってしまったり、あるいは在宅勤務で自由に使える時間がふえたことで、副業への関心が一層高まることになりました。

こうした動きのなかで、自宅でできる副業・内職として人気が高まっているのが、文字起こしやデータ入力です。

データ入力・文字起こしの仕事について

データ入力の仕事とは

データ入力は、文字や数字などのデータを、おもにパソコンを使って入力する仕事です。

顧客データ、伝票、手書きの資料、アンケート結果などの情報を入力していきます。企業等に勤務して行うこともありますが、在宅でもデータ入力の仕事は可能です。

勤務の場合は、単純にデータを入力するだけでなく、テレフォンオペレーターを兼ねたり、ファイリングや備品管理など事務作業全般が業務になることもあります。

文字起こしの仕事とは

文字起こし(テープ起こし)は、会議やインタビューなどを録音した音声を聴いて、ワープロソフトを使って文字入力していく仕事です。

作業としては文字起こしもデータ入力も共通部分が多いので、文字起こしもデータ入力の仕事の一つとして、分類されることもあります。

文字起こしの仕事だけで勤務するということは少ないので、在宅の副業や内職で行っている人が多いです。

スキル・資格・経験について

タイピングのスキルは必須

データ入力や文字起こしの仕事は、パソコンに向かってひたすら入力作業を続けることになります。そのため、速くて正確なタイピングスキルが求められます。

スマートフォンの普及により、パソコンのキーボードでの入力は苦手という若い方もふえています。しかし、いくら副業や内職だからといって、タッチタイピングでスムーズに文字入力できなようでは、データ入力や文字起こしの仕事は難しいでしょう。

パソコンの知識については、メールやインターネットも含めて、基本的なことがわかれば、在宅での副業や内職でしたら大きな問題はないです。

また、文書作成やデータ入力に関連するソフトとしては、WordとExcelぐらいは使えたほうがよいでしょう。

資格や経験について

データ入力や文字起こしは、何か特別な資格がないとできない仕事ではないです。その意味では、未経験でも始めやすい仕事とはいえます。

しかしそうはいっても、やはり採用される(仕事を受注する)ためには、少なくとも事務系の仕事の経験ぐらいはあったほうがよいでしょう。

例えば、お店などで接客を10年やっていた人が、ある日突然、文字起こしの仕事をしたいと希望しても、仕事を頼む側は採用や発注をためらってしまいますよね。

タイピングの技能検定や職歴など、実力を証明できるものがあれば有利であることは言うまでもありません。

データ入力・文字起こしに向いている人

データ入力や文字起こしは、性格的には真面目で根気がある人が向いています。

特に、副業や内職など在宅で仕事を行う場合は、一日中、ほとんど誰とも会話することもなく、黙々と作業し続けることも珍しくありません。こうした働き方を長期間続けることが苦にならないタイプであることも大切です。

タイピングの技能やパソコン関連の知識などは、仕事をしていれば自然に身についていく部分もあります。しかし、作業者の性格や適性はなかなか変わらないものなので、意外と重要なポイントでもあります。

文字起こしに関する情報は、当サイトのトップからもご覧いただけますので、よろしければ本記事とあわせてご参照ください。

HOME:テープ起こし・文字起こし専門の佐藤編集事務所