音声 テープ起こし

音声録音のコツ | テープ起こし専門業者がわかりやすく解説

テープ起こしの録音

音声データを文字にするテープ起こしにおいて、テキスト化の精度を左右する大きな要因となるのが「録音」です。

「録音状態が悪いんだけど、文字に起こせますか」。テープ起こしの仕事をしていると、こうした質問を受けることがときどきあります。音量の増幅やノイズの除去はある程度は可能ですが、それでも限界はあるものです。テープ起こしのクオリティーを高めるなら、録音の段階から勝負は始まっています。

文字に起こしやすい上手な録音方法とは

録音状態が悪い音声は専門業者でも起こせない

音量の増幅やノイズ除去は可能だが限界はある

インタビュー、講演、会議などを録音した音声をテキスト化するテープ起こし(文字起こし)。当事務所でも年間数百件の録音音声をテキストしていますが、お客さまから届く録音音声は内容も聞き取りやすさも本当に様々です。

聞き取りづらい録音音声は、どうしても正確にテキスト化するのが難しくなります。テープ起こし(文字起こし)の専門業者なら、どんなに録音状態の悪い音声でも起こせるだろうと思われるかもしれませんが、残念ながらそんなことはありません。

小さい音を大きくしたり、雑音を除いたり、多少は聞き取りやすくすることは可能ですが、やはりいったん録音した音声の質を向上させるのには限界があります。

声紋分析等とテープ起こしはまったくの別物

犯罪捜査を取り上げたテレビ番組などで、犯人から掛かってきた電話に収録されている人間の耳では聞こえない微かな声や音を、声紋分析等を用いて再現したりする場面を見たことがありませんか。

このような技術は研究所レベルのもので、いわゆる普通のテープ起こし業者の手に負えるものではないです。作業の流れ、それから費用も、通常のテープ起こし作業とは異なる業務になります。

したがって、すでに録音が済んでしまっている場合は仕方ありませんが、これから録音されるのであれば、できるだけクリアな音声となるよう気を付けて録音されることをおすすめします。

そのために誰でも簡単にできる、録音のコツや注意点をこれから説明いたします。

音響スタッフが常駐していれば相談する

ライン録音は非常にクリアな音声が録れる

まずは、いきなり人頼みの方法になりますが、一発勝負の録音を失敗しないためには、プロの力を借りるのはよい方法です。

テープ起こしの録音が行われるのは、講演・会議・パネルディスカッションなど大きな催しであることも珍しくありません。しっかりとした会場には音響のスタッフがいますから、録音について事前に相談されておくとよいでしょう。

じつは私は、大規模講演から少人数の研修会まで、年間150本以上を開催する企業と仕事をしていたことがあり、大小あちこちの会場で取材や録音をした経験があります。

会場にいる音響など技術系スタッフの方というのは、録音について聞けばあれこれ教えてくれますが、逆に向こうから「録音でお困りですか」などと、やさしく気を配ってくれることは少ないです。良くも悪くも職人気質と言えるでしょう。

ご自身で録音したら音が割れて聞き取りづらい録音音声になってしまった。でも、別の機会に会場スタッフの方に尋ねてみたら、音声のラインから音を録る方法を教えてくれ、非常にクリアな音声が録音ができた。そんなことが実際にあったりします。

それなりに設備が整った会場ですと、録音をしてくれる会場もよくありますが、有料のサービスになることもあるので確認しておきましょう。

※記事中のライン録音のラインは音響機器をつなぐ線のことで、スマホのアプリのLINEとは違います。

録音機器を複数台使用する

会場に音響などの技術スタッフがいなかったり、上手く録音できるか不安なときは、ICレコーダーなど録音機器を2台以上置いて音を録る方法もよいでしょう。

その際は、同じ場所に複数台置いて録音するのではなく、異なる条件下でそれぞれ録音されたほうがよいです。たとえば、録音機器の1台は客席でスピーカーから出る音を録音するのであれば、もう1台は話者の手元に置いて声を直接録る、といった具合です。

ほとんどの録音が一発勝負で失敗がゆるされませんから、少し慎重になりすぎるぐらいで丁度良いかもしれません。

ちょっとした気配りが録音を成功に導く

録音に慣れていないと気が回らない

また、インタビューなどをご自身で録音する場合でしたら、周囲の雑音やBGMが小さい場所を選んだり、録音機器を話者の近くに置いたり、少し大きな声で話してもらったり、ちょっとした気遣いをするだけでも、録音状態は変わってきます。

言われてみると当たり前のことばかりですが、録音に慣れていない方は、こうした当たり前のことも忘れてしまいがちです。

実際、当事務所ではテープ起こしで様々なインタビューの録音音声を聴いていますが、周囲の雑音がうるさくて、肝心の取材対象者の声が聞き取れないというケースはときどき見受けられます。

インタビューの録音というのは、インタビュアーが自分で録音することが意外と多いものです。しかし慣れていないと、取材相手への気遣いやインタビューするだけで一杯一杯になってしまい、録音の細かいところまで気が回らないことも少なくありません。

ちなみに、インタビューの録音については、こちらの記事も参考になります。

参考:インタビューの録音・文字化を成功させる5つのポイント

どこの業者でも受けてくれないこともある

録音状態が悪くても、専門のテープ起こし業者に頼めばきれいに文字へと起こしてくれるだろう、そう思われている方もいらっしゃいます。

確かに、専門ライターが聞き取りにくい録音音声を丁寧にテキスト化することで、納品後にお客様からその聞き取り能力をお褒めいただいたり、感謝されたりすることもあります。

しかし、プロのライターでも限界はあります。聞き取りにくい録音音声のため、あちこちのテープ起こし業者に頼んだけれど、どこも受けてくれなかったということも、残念ながらあるのが現実です。

また、最近は音声認識ソフトも普及していますが、こちらは現状のところ録音不良の音声については、人間の耳よりさらに聞き取り精度が落ちてしまいます。

ですから、テープ起こしが必要な音声は、ぜひ録音段階から録音環境などに配慮されることをお勧めします。

細かいところまで気を配れなくても、たとえば録音機器をメインの話者に近づけたり、机の配置を変えてコンパクトにまとめたり、部屋の空調のスイッチを切ったりするだけでも、録音状態は良好になります。

録音データのテキスト化を行う専門業者

私ども佐藤編集事務所は録音音声データをテキスト化するテープ起こし専門オフィスです。サイト内でテープ起こしサービスについてくわしく説明しておりますので、ご参照ください。HOMEから各サービスのページへのリンクがあります。

HOME:テープ起こし・文字起こし専門の佐藤編集事務所

また、本ページの下記からも、テープ起こしの依頼・無料見積を頼むことができます。お急ぎの方はこちらからお申込みください。

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


テープ起こしの発注および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームからお願いいたします。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム