起こし方のコツ

テープ起こしにおける「相づち」の処理について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会話の相づち

対談やインタビューなど会話で構成された音声内容のテープ起こし作業をしていると、よく出てくるのが話者の「相づち(相槌)」です。相づちはすべて文字化すべきなのか、削除してもいいのか、その処理について考えてみました。

「相づち」とテープ起こし

テープ起こし作業にとっては邪魔者?

「相づち」は会話中に、相手の話に合わせて入れられる間投詞です。インタビューや対談など、会話の音声をテープ起こししているときには多かれ少なかれ、相づちはほぼ確実に出てきます。

相づちは相手の話を引き出したり、会話のテンポをよくしたり、あるいは「ちゃんとあなたの話を聞いていますよ」というメッセージにもなります。聞き上手と言われる人は大抵、相づちが上手だといわれます。

しかし、テープ起こしにおいては、相づちはときに邪魔者になることもあります。

たとえば、話している本人は気づいていないかもれませんが、会話をしている最中、頻繁に相づちを打ち続けていることはよくあります。それを聞こえたまま文字にしてみると、どうなるでしょうか。

過剰な相づちを文字化すると

会話中の相づちを過剰と決めつけるのは失礼かもしれませんが、下記のように文字にしてみると「ちょっと多いな」と感じるのではないでしょうか。

A「昨日は東京駅から新幹線に乗りまして」

B「はい」

A「昼頃に新大阪駅に着いたんです」

B「はい」

A「それで急いでいたものですから」

B「はい」

A「電車の中に帽子を忘れてしまいましてね」

B「ああ、はい、はい」

Bさんの相づち「はい」によって、Aさんの話が細かく分断されていることがわかります。2人の会話を音声として耳で聞いている分には、相づちの「はい」はさほど気になりませんが、文字に起こしてみると、読みづらい文章になってしまいます。

「相づち」をケバ取りする

そこで、こうした過剰な相づちをテープ起こしで文字化する際に随時、取り除きながら起こしていくと、文章として読みやすくなります。

テープ起こしにおいて、話の内容と関係のない余計な言葉や声を取り除くことを「ケバ取り」といいます。過剰な相づちを削除するのもケバ取りの一つと言っていいでしょう。

もちろん、上掲の会話例に出てくるような相づちのは、すべてが不要ということはありません。どこまで削除するか、あるいは残すかは、テープ起こしライターの裁量になります。

テープ起こしする目的、話の内容、話者の感情、心の動き、会話のニュアンス、起こした文章の読みやすさなど、総合的に考えてその場その場で瞬時に判断します。

これは正解のない作業ですし、いちいち熟考している暇はないので直感的に対応しますから、テープ起こしライターの個性も出ますし、力量が問われるところでもあります。

逐語起こしにおける「相づち」

「ケバ取り」とは逆に、録音音声を聞こえた通りに文字化することを「逐語起こし」といいます。会話分析の研究用や裁判提出用などのテープ起こしに用いられます。逐語起こしでは、文章として読みづらくなっても正確に文字化することを優先します。

ただ、逐語起こしであっても、目的によって、「完璧に1字1句正確に」ということもあれば、「文章としてありまにも読みづらくなるような箇所は、削除・修正してほしい」という要望もあります。

ですから逐語起こしといっても、相づちも適宜、省いたほうが依頼者のニーズに沿っていることもあるわけです。

なかなか、テープ起こしの作業前にどこまで文字化するかを決めるのは難しいですが、ご依頼時に心配なときは作業者と事前によく打ち合わせしておくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り

コメントを残す

*