録音音声について

録音状態の悪い音声のテープ起こしについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テープ起こし(文字起こし)を発注したいけれど、録音した音声の状態が悪く聞き取りづらい。そんな音声でも文字に起こしてくれるのか、というご質問への回答です。

聞き取りづらい録音音声について

Q.録音状態の悪い音声でも起こしてもらえますか

A.ご質問への回答

可能な限り対応いたしますが、どうしても限界はあります。起こせるか否か、最終的には音声を聞かせていただいての判断になります。

録音状態が悪い音声を起こした場合、文字化した文書はどうしても聞き取り不明箇所が多くなります。また、何度も繰り返して聞くことになるため、テープ起こしの作業時間も余計にかかってしまいがちです。

当事務所では、聞き取りにくい音声だからと言って割増料金になることはありませんが、納品文書の品質が落ちたり、場合によっては納期が若干延びることもあります。

お客様の中には、テープ起こし業者ならばどのような状態の音声でも起こせると思われている方もいらっしゃいますが、残念ながらそのようなことはありません。

あまりにも聞き取りが難しい音声ですと、作業をお断りする場合もありますのでご了承ください。

聞き取りにくい音声とは

テープ起こし(文字起こし)の対象となる録音音声には、聞き取りやすいクリアな音声もあれば、非常に聞き取りにくい音声もあります。

それでは、具体的に聞き取りにくい音声とはどのようなものかというと、以下のような音声になります。

  • 話者の滑舌が悪い音声
  • 話者が早口の音声
  • 話者の訛りが強い音声
  • 話者の声が小さい(遠い)音声
  • 話者の言い間違えや言い淀みが多い音声
  • 周囲の雑音や人の声がうるさい音声
  • せまい室内で声が反響している音声
  • マイク音が反響したり割れている音声
  • 会話のかぶりが多い音声
  • 専門用語や一般的でない外来語が多い音声
  • 録音レベルが低い音声 など

聞き取りにくい音声を大別すると、話者に原因がある場合、録音場所に原因がある場合、マイクやスピーカーなどに原因がある場合、録音機器に原因がある場合に分けられます。

話者に原因がある場合は、録音時にはどうにもならないことが多いです。録音を行う自分自身が話すのであれば、話し方に気を付けて直すことも多少はできますが、他者の話し方を録音時に直すことはまず無理でしょう。

例えば講演会の録音をしているとき、演者の先生に「ちょっと早口だからゆっくり話してください」なんて言えませんよね。

一方、録音場所や録音方法に関する事柄は、録音前や録音中に改善できることも少なくありません。

録音の際には可能な範囲で配慮を

録音が済んでしまった音声については、雑音を取り除いたり、小声の音声を増幅したりすることはある程度可能ですが、完全に聞き取りやすい音声にすることはできません。

ですから、録音される際はその場で、少しでもクリアな音声が録れるよう、やれる範囲で気を付けていただくことが大切になります。とても簡単にできることもありますので、ぜひ実践していただければと思います。

例えば、ICレコーダーなど録音機器を話者の近くに置いたり、音の大きな空調を止めたり弱めたり、飲食店で録音するときは静かな席を選んだり、周辺がうるさいときは「すこし周りがうるさいので、大きめの声でお願いします」と話者にお願いするだけでも随分違います。

こうしたちょっとした気配りだけでも録音状態はよくなります。録音状態がよいということは、テープ起こしの作業もスムーズになりますし、起こした文章の完成度も高くなるということです。

テープ起こしFAQ一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単!無料!テープ起こし見積り

録音済みの音声について、テープ起こしを依頼したときの見積料金をスグに知りたい。そんなときにご利用いただきたいのがこちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」です。以下のとおり、いつでも気軽にお申し込みできるのが特徴です。

  • ★録音時間・お名前・メールアドレスのみの記入でOK!

  • ★取り急ぎ見積料金だけスグに知りたい

  • ★もちろん、テープ起こし見積りは無料です


テープ起こしの見積りは当サイトの依頼フォームからも申し込みできますが、入力項目が多いのでやや手間がかかります。現段階ではとりあえず見積料金だけすぐに知りたいという方は、こちらの「簡単!無料!テープ起こし見積り」をご利用ください。

簡単!無料!テープ起こし見積り

コメント

コメントを残す

*