テープ起こしFAQ

ICレコーダーの機器本体を送ってもいいですか

私ども佐藤編集事務所にテープ起こしを発注後、ICレコーダーやボイスレコーダーで録音した音声をお送りいただきます。送付方法は、インターネット経由での送付か、記録メディアに入れて郵便・宅配便でお送りいただくのが原則になります。

しかし、録音機器から音声ファイルを取り出せない場合は、機器本体を直接送付してもいいのでしょうか。ICレコーダー等の機器本体送付に関するご質問にお答えします。

録音機器の送付について

Q.録音音声が入ったICレコーダー等の機器本体を送ってもいいですか

A.ご質問への回答

できれば機器本体の送付はご遠慮ください。「どうしても」という場合はお受けしますが、機器故障やデータ消失等の責任は負いかねます。

テープ起こし音声の送り方

音声送付はネット経由か郵送で

現在市販のICレコーダー(ボイスレコーダー)の多くはUSB端子が付いていて、録音が終わったらそのままパソコンに差し込めば、簡単に音声ファイルを移動できるようになっています。

ですからICレコーダー等で録音した音声は、機器から音声ファイルを取り出して、インターネット経由または記録メディアに入れて郵便・宅配便でお送りください。

USBメモリやCD等の記録メディアに音声ファイル入れる際は、コピーを取りお客様のお手元にも音源を残していただけますようお願いいたします。

なお、当事務所への音声送付方法については、下記ページでくわしく説明していますのでご参照ください。

テープ起こしの音声送付方法について

録音機器本体を送る場合について

かつては、ICレコーダーから録音した音声ファイルをパソコン等へ移動できなかったり、手間がかかった頃もありました。そのため当時は、ICレコーダーの機器本体を厳重に梱包して送っていただければ、当事務所ではお受けしておりました。

しかし、電子機器の輸送は故障や紛失のリスクがどうしてもあります。また、文字に起こす作業をする側も、ICレコーダーは機種が多いので、大体どれも似たような操作とはいえ、初めて触る機種も当然あるわけです。やはり、テープ起こし中の機器故障や音声消失の不安がともないます。

幸い当事務所では機器の輸送や操作中にまつわる事故やトラブルはこれまでありませんが、やはり上記のような理由により、現在ではICレコーダー(ボイスレコーダー)の機器本体をお送りいただくことは、原則受け付けておりません。

ただ、どうしてもという場合は、機器故障や音声消失の責任は負えませんが、郵便や宅配便でお送りいただいた案件もお受けしています。

実際にICレコーダー等を送る場合の、荷物の梱包、輸送方法、輸送可能な基準等は、郵便局や宅配業者にお尋ねください。

郵便局|日本郵便株式会社

なお、近年はスマートフォン等のアプリで録音される方も増えています。この場合も音声ファイルを取り出して、インターネット経由または記録媒体に入れて郵便・宅配便でお送りください。

ご自身のスマートフォン等を送ろうと思われる方は少ないと思いますが、録音データの入った携帯電話、スマートフォン、タブレット等の送付はご遠慮願います。

テープ起こし音声に関するFAQ

→テープ起こしFAQ一覧

なお、テープ起こしに関する主要な情報は、HOMEのテープ起こし・文字起こし専門の佐藤編集事務所からご覧いただけます。本記事とあわせてお読みいただけますよう、ご案内いたします。

▼下記にもテープ起こし発注・無料見積のご案内を掲載しております。佐藤編集事務所へのテープ起こし依頼をお急ぎの方は、こちらからもお申込みできますので、ぜひご利用いただけますようご案内申し上げます。

テープ起こしのご依頼・無料見積を受付中!

佐藤編集事務所では、テープ起こしの発注または見積りを全国からお受けしております。

  • ●テープ起こしに携わって30年以上の専門業者です

  • ●お客様は北海道から沖縄まで全国にいらっしゃいます

  • ●ベテランのライターが行う高品質のテープ起こしです

  • ●業界水準を下回る低料金を継続中です

  • ●見積り・相談は何度でも無料。お気軽にご利用ください!


テープ起こしの発注および無料見積は、下記のボタンをクリックしてサイト内に設置の専用フォームからお願いいたします。今スグにお申込みいただけます。

【発注・見積】テープ起こしお申込みフォーム

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください